PR

バラード1番スポルティバ記事とアイスジュエルズ少し。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なんか最近バラード1番の話ばかり書いておりまして、我ながらしつこいかもしれない。。。と思い、先日のでもう終わり、と思っていた矢先のFaOI幕張でのバラード1ノーミス演技動画の公表と、スポルティーバの折山さんの記事キター!
アリサクさん、動画のご紹介ありがとうございます!
http://www.tv-asahi.co.jp/figure/sphone/


ファンタジー・オン・アイス幕張 3日目 羽生結弦 演技「バラード1番/作曲:ショパン」(tvasahi)
ワシが見た土曜日と全然違うやんけえええええええwwww
土曜日のは正直、
「振付が大分違う・・・?」
「・・・・・・いったいどこが変わったっていうの?教えてYO、ねえねえ!」
って感じだったんですが、最終日のノーミスバラード1番は、ジャンプノーミス、という以前に、荒削りな部分がありつつも全ての所作が丁寧、意図されている振付を大切に滑っている印象です。
土曜日はバッサバサだったのでwwwステップもどこが違うのかわからなかったわいwww
昨日から、電気を消してパソコンでフルスクリーンで3回くらい見ましたYO!
病み上がりに無理させないで♡
それにしてもDOIの少年風情が残る頃と比べると、バージョン2.0の衣装すら違和感を感じてしまうほどガッチリしてきましたよね。
バラード1番3.0は、儚さ、冷たさ、優雅、というよりは鋭い刃物のような研ぎ澄まされた印象のバラード1番なので衣装もやはり、ガラッと変えた方がいいかもねむ。
ワシのイメージは町田君の第9のフリー衣装のような色合いです。
グラデーションもいいけど、マットに宇宙色一色にビジュー付き、とかもたまにはいいかもねむ。
それにしても、振付。。。。前のお話でブラッシュアップ前じゃね?と書きましたが、ちゃんと振付変えてるし!(いや土曜日のではわからないんだよ。。)
あ、でもファンでないとわからない範囲であることは確かかもね。。。うん。
ジェフの振付もより「余韻」、「空間」を感じさせる雄大さが加わって、スケーティングで空間を広げていくスケールの大きさが加わっていると感じました。
じぇふ。。。。。。いい仕事した!←豹変
特に好きなのは、4Loの後の2連続スピンの後の空を見上げるように片足ターンを続けるところ(鬼やでえ)と、3A後の強迫観念に彩られたツイヅル、4T+3T前のショートコーナーでのゆったりとたゆたうようなクロス、ステップの途中で両手を大きく広げて上体を少しそらすイナバウアーがいいアクセントになってますう。
特にステップ時の手を広げるポーズ、これはうーん、よくウィルソン作品で見かけるような。
こなれてきてさらに美しくポーズが入ったらますますグッド!
このバラード1番にスワンまたはブラックスワンが入ってきたら鬼に金棒ですな!←態度ひょう変ww
後はジャッジがどう判断するかですが、この振付もさらに改良されるでしょうし、圧倒的な演技が魅せられれば問題ないんだろうな。(ISUの上の方はどうかわかりませんがね。。。。)
まあ、オリンピックシーズンに優勝候補がSPに3回目を持ってくるのは確かにほぼ例はない(そして失敗が許されないSPでは、できることならみんながしたかった手ww)ので、色々嫌みは言われたり書かれたりするでしょうが、そのあたりは羽生君自身やクリケットは折り込み済みで、受け流す対策はするでしょう。
特に日本より絶賛しているとうわさの海外のマスコミ様は、特にオリンピックシーズンはこういうのには容赦ないと思うんだがwwいつも思うんだけどなぜ海外の方が理解している話しになるんでしょうね?日本の方が優しいよwww
オリンピックシーズンになると、海外のマスコミ様は豹変するYO!(特にライバルになるであろうアメリカな!)
問題はすぐに過剰反応をする、はにゅオンリーオタちゃん達かのう
あと、スポルティーバの記事。
羽生結弦が五輪用に選んだショパン。世界最高得点の時との違いを分析2017.06.02 スポルティーバ
削除されてしまって、なんの変哲も無い記事になってしまっていますがw、当初は羽生君のバラード1番を選んだ理由が入っていたのですよね。
削除された以上何らかの理由があるでしょうから詳しくは書きませんが、
要約すると羽生君自身は満足しきっていないからバラード1番を選んだと。
バラード1番のイメージが明確になってよりよいバラード1番ができそうだと感じている、みたいな内容でした。
これにはちょっと驚きました~。
確かに、あの名品バラード1番が、最後の大一番であったボストンワールドで、様々な事件があり、ホテルでもルーティンがずれてしまうような出来事もあり、6分間練習でも背中のホックを忘れてしまうほど動揺していたこと、プログラムも高得点が出たとは言え、作品を仕上げるというより気力で叩き付けるような内容になってしまったことは、もの悲しいものがありました。
上海ワールドでも完璧ではなく、ワールドでは恐らく自分で納得できるような最高の演技を披露できていない、と感じているのかもしれません。
GPFとワールドはやはり違いますから。
あと、アイスジュエルズの話題を少しだけ。
アイスジュエルズのインタビューの中でも、オーサーコーチのインタビューは興味深かったわあ。
ホプレガのことを「私も正直、この作品はゆづに合っているのか疑問に思うこともありました。」とぶっちゃけてたw
また、しょま君のことを「彼だけは練習と本番の予測がつかない」と褒めてましたな。畏怖のような感じかな。
ワシはあの眠みは試合やアイスショーでの集中力の原動力のようなものだと思っているので微笑ましく思っていますなあ。
アイスジュエルズは面白かったです。
ではでは☆

羽生結弦
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. GOTO より:

    ちいこさん、体調も快復に向かわれているご様子でよかったあ
    そして、バラ1にも、寛容になられつつあるようで・・ニンマリ。
    この二つの上昇気流はリンクしている⁉︎だったりして。
    実は私も新プロ発表に暴れたクチ。そりゃ、大変でした。「もう見たくない‼︎、3回なんてありえないいーー」と幕張の放送途中から、早々に家事を始めちゃって。見るもんか見るもんか・・まるでお子ちゃまでした(^_^;)
    でも、今はもう半ば受け入れています。豹変です。。。
    そう、あのバラ1を、今の羽生君が演じれば別物に仕上がると、ちゃんと放送を見直して気付いたのです。その分の期待値が伴って、受け入れてしまいました。
    それは、ノーミスバージョンを見て確信に変わーる。
    いやだ〜ちいこさんと同じですかああ。
    次から次へと襲いかかる苦難を乗り越えて、彼ってこの1年とちょっとで、随分と大人になったのですね。演技も。
    余韻、いわゆるタメが良いですよね⤴︎⤴︎、おばさん心を鷲掴み。
    つくづく、所詮自分は羽生ファンを思い知らされた、この数日でした。
    ご無理のない様に、お大事になさって下さいね。

  2. naorin より:

    ちいこさん
    こんにちは!
    体調はよくなりつつあるのですね。良かった。
    ちいこさんは幕張、土曜日行かれたのですね。
    私も土曜日観に行きましたよ。
    ご挨拶でもできればなあ・・・・
    私なんて席が暗くて遠くて振付も変わったのかどうかも分からず、
    ひたすら、ジャンプが成功するかどうかだけに集中してました。
    バラ1は3回目ということで、
    何やかや言われそうだけど(特にアンチに)
    私はこれはこれでいいと思っとります!!

  3. もん より:

    ちいこさん。体調が戻りつつあるご様子。
    何よりでございます。
    ええ。セセン2016バラ1は、ぱしーーっんん!!
    どやっ!
    なバラ1でした。
    こ、これはわしの夢のようなバラ1とは違う…
    で、でもはぬさんよく頑張ったっ!
    と、納得させたバラ1の最後…だった。
    はずのーえ?vol.3ありましたか…の衝撃にあの放送で、ううー。ちゃうやん。せっかくやるのに、そっち方向なん?
    と、悶々としておりました。
    リアルにアンチさんがいるので、その対応にも体力を要するのでネタ提供せんでくれーーー!
    も正直。
    その後アリさん動画とテレ朝動画と、スポルディーバ記事を読み。Doi動画を見続けた結果…
    ごめんなさい。豹変(笑)
    そうなんです。今のはぬさんにはオス臭がプンプンするのです。
    ガタイも良くなりました。
    もう、腐のおねーさん達のおもちゃになりようがありません。
    儚い陽炎のようなあの時とは違うバラ1。
    やってもらおうじゃねーかっ!!!
    いや、中身は全然変わってないんですけどね。
    中身と外見が一致してきたってことね。
    構成が今まとめられるってことは、その…外の何かに意識を向けられるってことですねっ?!
    そうですね?
    はにゅーさんっ!
    衣装は当然変えてくると最初から思ってるんですけど。ダークなバラ1いいと思うの。
    そもそも憂いのバラ1。ありじゃないですか。
    王子様じゃなくて、ホントに王者になるべく強さと威厳あるお衣装。
    今必須!やだー。御披露目、また悲鳴?
    ま。ミーシン爺の苦言もあるでしょう。北米メディアの手の平返しもあるかもねむ。
    それらを黙らせる…ふっふっふっ。
    オリンピック年なんですねー!!!
    ああ。羽生結弦って面白い。

  4. つち より:

    テレビにキャストして大画面でみましたー。
    なるほど、ゆったりした感じしますね。
    カメラ寄りすぎな気もしましたが(笑)
    手の動きが大きくなったのかな?
    ショーの照明のもとだし、今後、試合に向けて点数計算して色々かわるかもしれませんが、雰囲気はかわりましたな。またちいこさんオススメポイントも頭にいれて見てみます。
    スポルティバ記事、そんな変更があったのですか!
    まぁ、みんな、同じようにもっとできたはず…と思いつつ、次のシーズンは新しい曲にするのでしょうけど。その辺の執念深さもすげー。
    さすがやで!(笑)
    マオタソの仮面舞踏会のショートへの作り替えや、大人になったノクターンも、やはり私としては初版の鮮烈さには及ばなかったのですよね…。
    ジャッジはさておき、素人の感想としてはですが。
    衣装もですが、始まりと終わりのポーズも変更したらどうかなー。イメージかわりそう。
    力強い、王者のばらいちに期待します。
    アイスジュエルズのオーサーのコメント!
    わしもじゃ!わしもじゃ!
    どこが相応しく思わなかったか、詳しく語り合いたい(笑)
    記事にはその辺書いてるのですかね?
    私、あの本は、創刊号はいい本だなと思ったんですが、その後、専門誌の皮を被った(しかもとても小さな)羽生本だなぁと思いまして(゚_゚)
    スケオタの心をくすぐるような記事(羽生以外)も載せてるけど、羽生君のスポークスマン的な感じがしますよね。しかも、撮り下ろしの写真等(あからさまに萌系や、そうでないのや)で釣ろうとするあたりのやらしさにモヤモヤを感じまして、立ち読みにしてます(笑)また見てこよう。
    他の臆面のない羽生本のほうが、潔いなぁとかおもったりして。
    あ!スポルティバ記事の変更も、言い訳せず、作品を見てくれ的な意思表示かも。
    男は黙って、ばらいち三回目!
    次の週末は神戸ですね!
    人間、身体が資本ですから、ご無理なさらぬよう、しかし、しっかり楽しみましょう(^_^)

  5. つち より:

    腕かな?腕に表情があるような。
    ホプレガは、腕にきっちり振りがついてない部分は腕に意識がいってないようにみえて、ふりがついてる部分との格差が際だってたように感じてました。
    クレイジーは力入りすぎ(笑)
    このばらいちはその辺気になりませんね!
    ガッツポーズは御愛嬌ですけど(゚_゚)
    今までで一番腕がゆったりと、表情があったような。
    ジェフにご指南いただいたのかも。
    この調子!この調子!←何様(笑)

  6. アリサク より:

    度々すみません。
    リンク先が変わったみたいです。
    https://youtu.be/OwR535zzEL8

  7. ぴんむん より:

    ちいこさん
    遅コメ失礼しま〜す<(_"_)>
    ちいこさんのご機嫌が直ったようで
    こちら勝手に安堵していますww
    しつこくバラ1ww
    ミートゥーww
    スルメ的プログラムなのかもしれませんな〜
    リコメ気にせずに(ღ′◡︎‵)

スポンサーリンク