PR

大阪高島屋の羽生結絃展に行ってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

早5月も中旬。。。。南九州にはひたひたと梅雨の気配が迫ってきております。
ああ、今年もまたあのじめじめムワムワの梅雨がやってくるのか~がっくり。
ソチ直後にFAOI富山とTOIで仙台に行った時に何に感動したって、「東北と北陸の梅雨はこんなに爽やかなのかッ!」でしたわ~。
ああ、また富山でFAOIがないかな?
富山オススメです、お魚もお米も上手い!空が青い、水も蒼い。
そしてお楽しみといえば、土曜日にはハリー王子とメーガンさんのロイヤル婚中継。
そういえば、昔王室マニアだった頃、ハリー王子とウィリアム王子がぶいぶい言わせていてナイトクラブで夜遊びをしていた頃読んだ雑誌ブルータスには「本当のお金持ちは火曜日の夜に夜遊びする」と書いてあって、
「それな。(・Д・)ノ」
であった!
ちなみに庶民で社蓄であるブログ主は火曜日の夜は漏れなく残業である。。。。。。お察し。
そして週が明けて月火にはキム・ヨナさんがゲストの韓国の「オールザットスケート」!
こちらも超楽しみです~なんと言ってもヨナさんの4年ぶりの新プロで、もしかすると本当にこれが最後になるかもしれないわけですからのう。
そして!
金曜日には待ちに待ったFAOI幕張の初日です~。
羽生君は新プロかな?
とっても気になるのでこの日はなんとしても早めに帰り、ネットをいつでも見られる状態にしたいと思いますww
次の週はISUの総会あってルールの大幅な改訂があるのでそちらもワクワク♪
野次馬根性ですwwなんと動画で中継があるらしい??
そして、長野のアイスショー、神戸とあって、6月14日からサッカーW杯も始まるなあ、と今日気付いたブログ主です。
ソチ後もサッカーW杯があって、あの年もずっと祝祭が続いている印象だったんですよね。
ちなみにソチでもサッカーの試合があるので、試合を見たら羽生君の関連映像が出てくるかも??
サッカーW杯放送予定
普通に客席にトランコフ夫妻やコフトンやアリエフ君とかいそうwwいや本当にロシアチーム戦の中継とか見たら、客席にザッギーやトランコフさん達やアデリナ達がテレビで抜かれるかも。
プル様はアイスショーですがのう。
さてさて、ゴールデンウィークに思い切って大阪高島屋へ羽生結弦展を見に行ってみました~写真はもちろん美しく、衣装も展示してあって大満足、行って良かったです!
おまけに午後には噂のVRも体験。こちらも本当に面白かった!
飛行機に乗っておっちらやってきましたが、はて関空からの便がよくなく、リムジンバスに乗って難波まで行きましたが。。。。。なんじゃこりァああああああ!
難波なのに、高島屋がある難波まで地図で見ると結構遠いんだお。。。。
なんとか10分ほど歩いてゆづ友さん達が待つ大阪高島屋につきました~。

2018051500490664a.jpeg
20180515004920819.jpeg

エントランスにはこのようなパネルが。
結構写真に収める方、多かったです。
これだけでいよいよ来たのだ、とワクワク。
会場に入る前にお会いできたゆづ友さんと一緒にランチをいただきました~高島屋さんに入っている「美々卯」さんです。
関西のお出汁のお味が大好きなのでうどん、そば、天ぷらのつゆもとっても美味しかった!

20180515004936871.jpeg

話に花が咲き、ルール改訂でどうなるか?とかいろいろ。。。。うん、いろいろww
とっても楽しかったなあ。
さて会場へ。
入り口前にはオリンピック時のジャンプの連続写真が。
素晴らしい迫力です。
このパネルだけで、羽生君のジャンプがいかに美しく鑑賞に値するジャンプなのかがわかりますなあ。

2018051500494789f.jpeg
20180515004957dec.jpeg
20180515005009824.jpeg

会場の中の写真は当然ながら撮影できなかったので少し感想を。
まず衣装ですよ!
飾られていたのは
「ホワイトレジェンド」と「カウボーイ衣装←なんのプロだったかな汗」と「青パリ散」と「初期SEIMEI」と「ホプレガ」でした。
ホワイトレジェンド:身頃の絞りのような柄がとても印象的。これがアクセントになっているのだなあ。飾りの付け方が手作り感があるのですが、これはデザインはミュウコスチュームの方だそうですが、もしやお母様がつくられたのでしょうか?凄い。。。凄く好きな衣装です。
カウボーイ衣装:ラインストーンがとっても丁寧に付けてあり、とっても綺麗に保管されているのに驚きました。
「青パリ散歩」:タックがたくさんあり、なるべく身体を大きく魅せて、かつ動きやすいように工夫されているのだなと。ラインストーンも密かに青系で数種類ついてあり、丁寧なお仕事ぶり。
「初期SEIMEI」:おおおおお。。。ちょっと生地がよれよれに?汗。お母様と羽生君はカナダにいるので、お父様が日本で保管しているうちにヨレ。。。になったのかなとかオゲフィンなことを考えてしまいました。刺繍が豪華!
恐らく保存が難しい生地なのかも、テレビでみるよりずっと柔らかく繊細な生地のようでした。
「ホプレガ」:会場で見てあまりの美しさにその場を離れたくなくなったのがホプレガの衣装でした。まるでフィンランドや北海道の森林や東山魁夷の絵のよう。布地のグラデーション、色の鮮明さ、ラインストーンのグラデの美しさ、一級品ですな。
個人的には、またミュウコスチュームの衣装を見てみたいな。。。と思いました(ホワイトレジェンド、悲愴、ロミジュリ)。
そういえばパリ散の衣装はどこでつくったのだろう?
そして衣装と言えば面白かったのがホプレガやSEIMEI2.0、バラ13.0などの衣装をデザインした伊藤聡美さんのデザイン画であった。
デザイナーの方のデザイン画って、モデル体型で足長でシュッとしているではないですか。胴長短足のデザイン画ってないですよねw
で、伊藤さんが書かれたデザイン画のモデル体型と羽生君の写真がほぼ同じような体型・頭身だというのに、さすがwでちょっと唸ってしまった。海外のデザイナーが書いたデザイン画を見ても、それと同じようなモデルってモデルでもあんまりいない。
そして、オリンピックシーズンのSEIMEI2.0のデザイン画が最後に飾られていたのですが、熱量、書き込みとも他のシーズンのデザイン画と全然違うんです。
迷いのない力強い線で描かれたデザイン。他のシーズンのは割と流す感じの線なのに、これだけが違う。
羽生君からの明確な注文、細かい指示がびっしりと書いてあって、これがオリンピックシーズンなのだなと、衣装製作の方も気合いと責任が違うのだなと感動しました。
他、報道写真の他に田中さんと能登さんの写真があり、報道写真と全然違った!
また、田中さんと能登さんの写真でも受ける印象が違ったのにびっくりしました。
田中さんがより自然体な感じで、能登さんのは試合での緊張感やオーラ、その時の空気感をまるごと切り取ったかのような、よりドラマチックな写真で、写真家さんの見た目と違う~と驚きました。
能登さんと言えばソチの真央たその美しい涙写真ですよなあ。
ゆづ友さんとも、どの写真家さんの写真が好みかなどで話しに花が咲きました♪
ちなみに私の好みは能登さんと榎本さんと2013ナンバー特集号で羽生君がベッドに寝ている写真を撮影した写真家さんです。
羽生君の美麗写真を堪能し、グッズを購入し、その後NHK大阪放送局へVRを見にレッツGO。

20180515005023650.jpeg

その前に大好きなポスターのお写真をペタリ。
待ち長かったので近くの大阪城を遠くから撮影。

2018051500504024c.jpeg
20180515005111e24.jpeg

気持ちが良い日でした~。
VRは1時間くらい待って見られました~並んでいると急に人が増えたのだけど、ツイッターで宣伝があったのかな?
まるで自分が山車に乗っていた能登さんのような目線でパレードの様子を体感!
もうね、360度人、人、人!
そして羽生君の姿が間近で~。。。。たまりません♪
ポーズを決めるたびに上がる歓声と、あちこちからかかるダミ声ww
これはたぶんカメラマンさんたちからの必死のアピールでしょうかww
なんか凄い聞こえたんだけどww
あと、能登さんも良く見えるw
お客さんも良く見えました!
かわいかったのは、パレードが終わりに近づいてスタッフの人が「今から曲がるので気をつけてください。」と声をかけて「はあい。」と返事をしたそばからバーに手をかけて足をブラブラさせたことw小学生男子かwガブ様と一緒か。。。
最後はVRに向かって至近距離で金メダルをまわしてくれました~。
ああ、大阪まで来て良かった。。。そう感じた1日でした。
※土日に平昌オリンピック日記を完成させたいので、コメント欄は閉じさせていただきます。あと録画整理も進めねば💦PIWの放送もあるし💦
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

羽生結弦
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム
スポンサーリンク