PR

雑記2 全米雑感とオタ話。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆様こんばんは~。
全米女子ショートは、これからPIWの準備をしながら見ますが、その前につらつらと思いついたことを書いてみようと思います。
①アメリカはやっぱりスケート大国
全米を見て感じるのは、最初の一人から最後まで、ちゃんとスケーターであり表現者である確固たる自我が確立され、それを表に出す技術があること。
見応えがあります~。
それだけに、以前から思って書いていましたが、特にアメ男子はなぜクワドを跳ばなくなっていったのか疑問が残ります。
一説では、アイスショー文化が長いことから、完成度の高い滑りが好まれ、そのためリスクがある高難度のプロを滑らなくなったのでは、という話しがあるようです。
もう一つは、私が思うに、あまりにも国土が広くて選手が所属するリンクがばらけていて、日本やカナダやロシアのように、トップ選手がひしめきあって高度な練習をするカナダのクリケットや日本の関西大学、中京大学、仙台のリンク、ロシアのチェスカやクリスタルのようなリンクがないからではないかと感じています。
アメリカではアルトゥニアンのところが今はそうではないかな。
コーチにつく、というより、クリケットやチェスカや関西大学のように組織がないと、今はなかなか対応できないのではないか?と思いますなあ~。
②スケオタは攻撃的なのか??
かねてから少し疑問に思っていたこと。
いわゆる「スケオタ」は本当に口うるさいのかな??
よく「スケオタは~」「スケオタは~」と言われるのですが、ブログやツイッターや編集者を枝葉末節、言葉尻を捉えて執着するのは、スケオタではなく、「○○選手のオタ」いわゆるごく一部のデーオタ、マオタ、ユヅオタではないか??とおもふ。
昔からフィギュアを見ていますが、いつの時代も、選手の周囲に対してモンスターペアレンツのように過剰反応するのは、「競技のマニア達」ではなく、「選手のマニア達」であったと思う。
なぜなら、スケオタとは「フィギュアスケート競技のマニア」であり、スポーツの一つとして、ルールの偏りもジャッジの過ちも当然あるもの、ととらえている、ゆるい、言ってみれば達観したファンが多いと感じている。
譲れない応援している選手はいるが、応援している選手もまた、フィギュアスケートというスポーツの一部であり、不条理の中で生きる選手として達観して見ているのだ。
最初にフィギュアスケートがあり、その中に羽生選手や宇野選手や浅田選手がいるのである。
個人的には、申し訳ないが、どの選手でもそうですが、スケーターさん達をリスペクトせず、本当に○○選手の演技しか興味がない、見ないというオンリーファンの方の審美眼、フィギュアスケートに対する嗅覚というものに対してはあまり信用していない。
だって、サッカー日本代表の試合しか見ない人がサッカーのうんちくを語ったところで、信用できますかい?
フェデラーのオンリーファンの方がナダルのプレイスタイルのうんちくを語ったところで納得できるかい?
すまんが、私は納得できないわ~明らかに客観視できないだろうな、という○○オタさんが、「4Loが~」とか「○○選手の方が~」とディスっても説得力ゼロだろうと。
よく聞かれる(正直特に羽生選手のファンに多いが。。。)
「○○選手だけが好きで他の選手には興味がわかない。」
「○○選手オンリーファン。」
にずっともやもやしていた。
なぜもやもやする?心が狭い?と思っていたのですが、
最近なんとなくわかったんだな。
○○選手だけが好き、他の選手には興味がわかない=フィギュアスケート競技には興味がない
なんですよ。
身も蓋もない言い方ですが、ぶっちゃけそうなんです。
オンリーファンは、逆説的に言うと、「フィギュアスケート競技には興味がない」のです。
「他の選手には興味がない」のは、フィギュアスケート競技に興味がないので他の選手にも興味がないんですな。
フィギュアスケートというスポーツに興味を持っているなら、その競技の仕組みに興味を持ち(採点法でなくても歴史や動画検索などなんでもいい)、競技を行うスケーターそのものに興味を持ち、自分で調べ、リスペクトし、試合を見て楽しむようになるのだと思う。
興味の対象を選手に全部にからめるからわかりにくいんだな。
まあ、サッカーや野球やバレーに例えても、
「内田選手は好きだけど他のサッカー選手には興味ない」
「サオリンが出ない試合は見る意味ない」
「大谷君が出ないなら試合を見る価値ない」
ま、自由ですけど、特段そのスポーツのファンでなくても、正直聞いていて気分は良くないとおもふww
気分いいですかね~?私は野球やバレーには特段興味がないですが、自分で書いていて「ぼえ~~~っ」と思いましたけどww
所属するチームや対戦相手のチームのファンならなおさらであろう。
なんだか、その競技をないがしろにしている感情を持つのよね。
そう、自分の好きな競技をリスペクトしていないイメージを持っちゃうのよね。
だから、もやっとするのだと思う。
ちなみに、これはフィギュアスケートだけでなく、他のスポーツでも、舞台芸術でもなんでも同じだと思う。
おわり。
※またこんなん書いてしまった・・・・(|| ゚Д゚)
なぜこういう話題を書いたかといいますと、「オンリーファン」だと公言することが、あたかも他の選手へのリスペクトを欠く言動の免罪符のように使われている、と感じたからです。

フィギュアスケート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム
スポンサーリンク