PR

魂プロはいい!+羽生君のスライド【さらに追記あり】

スポンサーリンク
スポンサーリンク


魂のプログラムが今日発売されましたね!
いや~どなたかも書いてらっしゃいましたが、新書館さん本気出してます。
表紙と裏表紙と写真との間にある紙(これはなんと言うのかな)は日本風の渋いゴールドですし、以前も書きましたがお写真も有名な写真ばかりです。
プログラムが平昌 → ソチ → ジュニアと遡っているのも今期のテーマである「原点」を踏襲しているようです。一貫していますな!
本当にこの写真集はオススメです。永久保存版ですな。
と同時に最近出た雑誌の独占インタビューといい、「おやや?」と思うことも。
正直、今まで羽生君と新書館はあまり接点が密ではなかった印象です。
しかしながら、この本気のプログラム本は新書館発行、WFSです。
そして独占インタビューは一部の方々が忌み嫌うww全員応援型wらしいフィギュアスケートライフです。
うーん、羽生君、やっぱり引退後のことを見据えているのだなと思いました。
非常に冷徹、リアリスト。
オーサーが「フクロウのように周りを見渡している」と言っていた意味がわかるというものです。
このあたり高橋選手とは対極ですwww
先に先に先手を打ってきますなあ。
さて、全員応援型と一部のオタさんから忌み嫌われるているらしいこれらの老舗の雑誌。
羽生君は以前から何度も「いくら人気があってもそれは現役のうち」だと語っていました。
確かオーサーも同じ事を言っていたと思います。オーサーは昔は超スタァだったのよおお!
そう、引退したらもうアイスジュエルズのような雑誌は難しいでしょうし、フィギュアスケーターズのような大判雑誌も難しい。
引退直後はまだいいでしょうが、1年、2年、3年と経過していくうちに変化していきます。
それに堪えられなかったのが高橋大輔選手でそ?言い方悪いけどww
いくら一部のオタさんが忌み嫌っても、引退後に羽生君の情報が掲載されるのは、こちらの新書館のWFSやフィギュアスケートライフ、クワドラプルアクセルのような雑誌ですぞ?
「アイスショーの世界」や「別冊 YUZURU HANYUのアイスショーの世界」とかを発行するのはこういう会社ですぞ?
だから今羽生君はシフトしていっているのかな?と感じました。
とは言っても羽生君自体はオンリー雑誌がいいなどと一度も発言したことなどありません。
かえってアイスショーの時などは「皆さんフィギュアスケートを愛してください」と言っているほどです。
そして、今回発行された「魂プロ」。
肖像権・写真の権利関係が非常に厳密ですね、これを見て読んで感じなきゃ終わってるなww
著者「羽生結弦」もですし、クレジットは
「c 2018 YUZURU HANYU」
ですよ。かっこいいいい!
そして注目したのは写真集発行に協力されている「株式会社team Sirius」さんです。こちらはコンサルタント会社で、写真・肖像権の管理・保護などをされている会社のようです。
つまり、この写真集はちゃんと専門のコンサルタント会社をつけた上で写真集を製作しているわけです。
そして、こういった専門のコンサルがやっと!
やっと、バッタもんの写真集もどきに厳しい制裁を下していてもおかしくないわけですよ。
【追記】
上記はあくまで推測でありまして、株式会社team SiriusさんがWFSから依頼した魂プロのみの契約なのか、羽生君個人が継続して契約している法人なのかはわからないということを追記しておきます。

考えてもみてください、ああいう雑誌の作り方をしているジャニーズやAKBやプロテニス選手、プロ野球選手、サッカー選手の雑誌を見たことありますか?
ないでしょう?権利関係がしっかりしているから発行できないんですよ。
ジャニーズの厳しさを知っている人なら「ジャニーズ?無理無理!」と思うでしょう、でも厳密に言えばそれが本当ですよね。
でもなぜ「ジャニーズ?無理無理!」がスケーターになるとなあなあになり、権利の保護をしているはずが陰謀論にまでつながってしまうのか??
私はそこに「スケーターがアマチュアで多くが10代であることへのファンの甘え、馴れ合い」を感じるのですよ。
逆に推しであるはずのスケーターの権利をないがしろにし、当代随一の人気スケーターのファンであることの地位、優越感を満たすために利用しているとすら感じます。
もう一つは、今話題の?高橋選手の近畿ブロックでのPCS話です。
高橋選手のPCSに異議を唱えている羽生君ファンのことが若干話題になっているらしいが(そして話題にしているのはロシアンクラスタにも実はいるのだがw)、そしてそれをまともに反論しているのをツイッター等でいくつか見かけましたが、
それは単に今までの、特にソチ前の1年~2年の高橋選手の悪質ファンからの叩きが酷かったことへの意趣返しでそ?w
ソチ前だけではなくてソチ後も中国杯だの他にも一杯言われてきたからねw
だからここでいわなきゃいつ言うんだ?でお返しでそ?
言ってはなんですが、わかる~。
まあ私はボーヤンに負けそうになった時にぴりっとしない演技をしたハビにもりもりPCSが付けられたGPSを思いだしましたがw
でも高橋選手のプログラムは素晴らしいもので、特にインとコレオはさすが高橋選手だと思ったので妥当だと思いますがの~PEはちょっとねww
まあ、そういうわけで、最終的に何が言いたいかというと、
今羽生君ファンで昌磨君やらメドベちゃんを叩いている方々は本当にやめてほしい!
かつて羽生君を叩いていた選手の悪質ファン達に、その後大ブーメランがもどってきていることに気付いていますか?

ヘイトはいつかその選手とファンにかえってきますぞ。
まあ、まだお花畑と言われようとこういうことを言うファンがいるのはまだいいと思いますがね。
羽生君に対してヘイト発言を長年続けている選手のファンはほぼスルーですよ、段々麻痺してくるんでしょうね。
言っても効果ないのはわかってます、が、言われている方は擁護してくれる人がいるというのはやはり嬉しいし、それが励みになることがある、ということを忘れてはいけないと思います。
ふーー疲れたわ。
それでは、ではでは。
PS:ワールドのS席通し券が当選しましたああああ!
PS2:金曜日に西川に行ってみようかな?(キャンペーン直後に行ってもこの田舎ではプレゼント自体が届いていない恐れがありましてね。。。)
【追記2】
エリザベス・ペイトン画伯が羽生君を描いた作品についてですが、ペイトンさんはアメリカ国籍ですので、日本の法律の解釈をそのまま適用できるかどうかは不明だと思っています。米国の肖像権、パブリシティ権についてはもちろん知識もありませんので(翻訳されたネットのみの情報では判断しがたい)、良いか悪いかという感想は私にはできないですなあ。
 かつてのアンディー・ウォーホールの「キャンベルスープ缶」が描かれた頃(1960年代)はまだアメリカでも肖像権・パブリシティ権が確立されていなかったため特に問題はありませんでしたが、今は侵害している可能性があるとか。
 ただし、パブリシティ権の侵害は親告罪(告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪)ですので、キャンベルスープ缶を製造している会社が告訴していないため、そのままにされているそうではありますが。。。
 あまり肖像権やパブリシティ権が現代アートにまで厳密に適用されてくると、一部のパロディ系列の現代美術は滅びてしまうので今は試行錯誤の最中のようです。アートは美しいものなので、それをどう法律とすりあわせていくのか、肖像権、パブリシティ権とも特に日本ではこれからさらに変化していく権利だと思いますので、一律にダメとはいい難い部分があると思います。
※ドイツなどは美術品については肖像権は適用外とされている。
○写真家の表現の自由 vs 被写体のプライバシー(ART LAW WORLD)
https://www.artlawworldjapan.net/blog/free-speech-v-privacy


フィギュアスケートランキング

羽生結弦+α
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. 通りすがり より:

    それな!完全同意。

  2. より:

    雑誌関係の発売中止になった件で、ゆづファンがスケ連ガーとかUSMガーとか言っているのを読んで、そりゃ違うんじゃないの?と思っていたんですよね。
    スケ連も絡んでいるかもしれないけど、羽生サイドの意向だよねと。
    ちいこさんが仰る様に、あの2誌はバッタもんwじゃないのですかね?
    マスコミ関係の友人は、人の褌で相撲とってる雑誌だって言ってましたな(爆)
    その友人がわかりやすく語ってくれたんですが、、、
    「レンタルレコード屋と一緒だよ。いくらファンがレコードをレンタルしても、本人にはレンタル屋が買った数枚分の印税しか入らない」
    つまり、バッタもん出している出版社は儲かっても、ゆづは全然儲からない。
    出版社に食われるだけ食われて、ゆづ本人に全くうまみなし!
    こういうことかと。。。
    ゆづは大手の事務所に入っていませんよね。(個人で、お母さんがやってるのかな)
    だから、たぶん今までは、そこまで手が回らなかったのかなーと。
    そういう雑誌を買う買わないは、個人の自由だと思いますが(バッタもん好きなオバチャンいるし)しかし、そこには別にスケ連やUSMの陰謀はないと思われ。。。
    取り締まられたということは、むしろ喜ぶべきことなんじゃないのかな。ゆづの為には。
    大ちゃんのTESとPCSの乖離がすごいと評判になっている件も、同感ですわ。
    演技とプロトコルみたけど、妥当じゃないですかね。
    4年前とはいえ、もともとPCSはフリーで90以上出る選手なんだよね。
    安定的に高値のPCSをもらって勝ってきた選手だったし。
    4年たったからと言って、一からのペーペーの選手でもあるまいし、そこはある基準以上の点数は出ると思ってました。まあ、大ちゃん本人比では、かなり低いPCSじゃないですかね。
    SS,TR,PEでは、7点台後半、、、妥当じゃないかと思うな。ちゃんと引かれてるんじゃないかな。
    ジャンプの失敗で、演技が全く途切れてしまったかというと、そこまでの感じもしなかったので、まあ、そこを感じさせないようにできるのがベテランの上手さなのかもねむ。
    むしろ、ジャンプがこれからある程度決まってくると、PCSがどんだけ上がるんだろ…みたいな。
    >高橋選手の悪質ファンからの叩きが酷かったことへの意趣返し
    この気持ちはわかりますけどねww
    「あのとき、あんたたちゆづにそれと全く同じこと言ってたよね?自分の贔屓が言われてどう?どんな感じ?」と、問い詰めたくなるもんwww

  3. jj より:

    ですよねー
    私もうっかり某陰謀に走ってるブロガーさんにあやうくコメントしそうになりました
    ジャニとまではいかなくてもアーティストやタレントに対して許可なく写真集もどき出すなんてありえないのになーんでファンが羽生の権利をないがしろにされ続けてる状態をオッケーって思うのか不思議で
    羽生本形態で出したいならば羽生サイドと契約して相応の金払って(金払えやー!)出せばいいわけで、それができないなら出すないかルールの範囲内のものを出版すればいいだけなんですよね
    お目こぼしの時間が終わっただけで事務所に所属している選手ならばもっと早期対応されたことかと思います
    大ちゃんのも意趣返し同感です
    個人的には特に異もないというかそもそもブロック大会の採点であーだこーだ言う気にもならないです
    この大会レベルだと上下選手の差が大きく出る分点数差が拡がる傾向にありますし
    採点論自体は興味深いので悪意がなければ楽しいんですけどね
    悪意が絡むと皆熱心だなーと真央ちーの時からずっと思ってます
    長々失礼しました

  4. まい より:

    こんにちは。
    写真集良かったみたいですね。
    それよりも良かったのは肖像権を管理するコンサルタントがついた事です。これから全てそちらに任せるのかなー?
    ソチ五輪後、雨後の筍のように湧いて出た雑誌は淘汰されてきましたね。これは決して羽生君の人気を潰そうとしたものではなく、守ろうとしたものだと言うことを、このブログを見た人だけでも知って貰えたらいいですよね。そして広がっって行けば。
    高橋さんのpcsですが、ジャッジにはガイドラインがあって
    とても良いスケーティングのとこが8点台になってました。
    ツイッターで見かけたのでちょっと正確じゃないんですが、そこから転倒やスピンの減点を引いてあのくらいなのかなと納得しました。
    一人だけスケーティングが違いましたよね。
    演技も4分間があっという間で流石です。音楽が特にカッコ良くって良かったです。
    正直、高橋さんとそのファンには思うことはたくさんありますが演技は
    ちゃんと楽しもうと思ってます。
    あ、でもタオルバナー持ってる人の顔をついガン見してしまいましたよwこれが…….うん、何でもないw
    フィンランド大会待ち遠しいですね。

  5. kanon より:

    はじめまして!
    突然ですが株式会社team Siriusって会社が肖像権等の管理保護をしているという
    情報はどこで確認できますか?ソースがあればありがたいのですが・・・。
    お忙しいところ失礼しました!

  6. ちいこ より:

    はじめまして、kanonさん。
    グーグルで検索していただければ、ヤフーの知的財産保護プログラムの登録団体の中に出てきます。
    また、業種は経営コンサルタント会社さんのようです。
    このコンサルが実際この写真集だけなのか、羽生君が契約したのかは推測でしかありませんが、
    今までの動きを見ると法的な問題がないとここまでの統率された強制力はないと思っています。
    回収などはヘタしたら損害賠償請求されますから。。。根拠がないと指摘する側も動けないと思います。
    弁護士法人さんはあまり情報を公にしませんので、ネットではそれほど情報は出てこないと思います。

  7. ちいこ より:

    > それな!完全同意。
     ありがとうございま~す。

  8. ちいこ より:

    T様初めまして!
    コメントの最初に書かれていた選手達のこと、まさに私もそう思っていました!
    本当にねえ、スケーターには何の罪もないのに、やはり悪い言霊は還ってくるのだなと。羽生君が怪我した時、ごく一部の羽生君ファンの方が他のスケーターのことに敏感に反応しているのを見て「運気が下がるからやめてほしい!」と心の底から思っていました。
    書かれていた雑誌のこと、全文同意です!
    なるほど~1年前から羽生君サイドからそんなお話があったのですね、さもありなん。他の選手のお写真や記事を入れないと「羽生結弦インタビュー&写真集」になっちゃうと思うんですよ、それでもってその%というのが法律や施行令、判例で決まってるのではないかなと思います。
    そうするとそういう本というのは本人の承諾が必要ですよね?ふつーは!
    権利関係が厳しいジャニーズやプロスポーツ選手がそうだということは、何らかの法規制があるはずですよね、でないと書店にそういう本がいっぱい出ているハズですし、大手の集英社、講談社はなぜ手を出さないのか?という。
    フィギュアスケート通信は良い雑誌でしたが、何せ出版社はベースボールマガジン社で元々畑違いで、熱意のある記者さんが退職されたら後の人材がなかなかいないんでしょうね。あと、羽生君の現役時代が残り少ないというのも事実でしょうから、ここで企業としてリスクをとることは難しいでしょうしのう。
    ワールドチケットの単日券申し込み頑張ってください!
    ええ、ええ、現役時代は残り少なさそうなので悪態をつくのではなく、楽しんで応援したいですよね。羽生君もしかめっつらで口角泡跳ばしているOBAなんかドン引きだと思うわww
    しかーし、全日本はこわしいことになりそうですわ。。。ww

  9. ちいこ より:

    > 雑誌関係の発売中止になった件で、ゆづファンがスケ連ガーとかUSMガーとか言っているのを読んで、そりゃ違うんじゃないの?と思っていたんですよね。
    >
    > スケ連も絡んでいるかもしれないけど、羽生サイドの意向だよねと。
    スケ連とUSMwwいやあ絶対違うよねww
    特に回収や出版中止なんか、これ、[太字]かなり大きな損害金[/太字]が発生しますよね?企業は法的な根拠がないと反論してきますよ。
    そして指摘する方も法的な根拠がないと二の足を踏むと思います。。。企業はいつだって裁判になったらどうか?全て裏付けが取れているか?と意識しますよ。巨額のお金がかかってくるんですから。
    だから大手の出版社はそういう本は出版しないんですわ。。。大手になればなるほど法的なリテラシーが高いですからのう。
    私、法的な仕事しているんでwwその辺りは厳密ですわww
    法の裏付けがない場合はあくまで協力依頼で、法的な問題がある場合は強制力が出てきますな。
    ちなみに素人があれこれ肖像権が、著作権がと類推しても難しいと思う。
    法律、規則、そして判例もありますから。。。とてもじゃないけど自説は唱えられないですよねww
    ただ、ジャニーズや野球・サッカーなどの法的リテラシーが確立されているプロアスリートでは一切こういう雑誌はない根拠は何か?考えれば答えは簡単だと思いますがねww
    少なくとも忖度や協定なんかじゃないわなwwジャンルが違うし。
    >
    > ちいこさんが仰る様に、あの2誌はバッタもんwじゃないのですかね?
    > マスコミ関係の友人は、人の褌で相撲とってる雑誌だって言ってましたな(爆)
    >
    > その友人がわかりやすく語ってくれたんですが、、、
    > 「レンタルレコード屋と一緒だよ。いくらファンがレコードをレンタルしても、本人にはレンタル屋が買った数枚分の印税しか入らない」
    >
    > つまり、バッタもん出している出版社は儲かっても、ゆづは全然儲からない。
    > 出版社に食われるだけ食われて、ゆづ本人に全くうまみなし!
    > こういうことかと。。。
    >
    > ゆづは大手の事務所に入っていませんよね。(個人で、お母さんがやってるのかな)
    > だから、たぶん今までは、そこまで手が回らなかったのかなーと。
    >
    > そういう雑誌を買う買わないは、個人の自由だと思いますが(バッタもん好きなオバチャンいるし)しかし、そこには別にスケ連やUSMの陰謀はないと思われ。。。
    > 取り締まられたということは、むしろ喜ぶべきことなんじゃないのかな。ゆづの為には。
    そうなんだよね、これは喜ぶべきことなのでは??なぜ陰謀??と目が点なんですけどww
    オルゴールにもY.Hのロゴが入りましたし同じ時期に出版中止が相次いでいる意味を考えてほしいわ~今までが羽生君以外のバッタもん業者が甘い汁を吸いすぎだったのだよ。
    >
    >
    > 大ちゃんのTESとPCSの乖離がすごいと評判になっている件も、同感ですわ。
    > 演技とプロトコルみたけど、妥当じゃないですかね。
    > 4年前とはいえ、もともとPCSはフリーで90以上出る選手なんだよね。
    > 安定的に高値のPCSをもらって勝ってきた選手だったし。
    > 4年たったからと言って、一からのペーペーの選手でもあるまいし、そこはある基準以上の点数は出ると思ってました。まあ、大ちゃん本人比では、かなり低いPCSじゃないですかね。
    > SS,TR,PEでは、7点台後半、、、妥当じゃないかと思うな。ちゃんと引かれてるんじゃないかな。
    概ね妥当ですよね。これからTESが伸びるかは神のみぞ知るですな。ただ、歌子先生のインタビュー記事を読んだけど4回転2種跳ぶことができるとか?何を言っているんだろうこの先生は??と思いましたーwwそれよりまずコンビネーションの2個目のジャンプをちゃんと回れるようにしないと。。。現役時代からそうだったから今できるかは知らないけどww
    >
    > ジャンプの失敗で、演技が全く途切れてしまったかというと、そこまでの感じもしなかったので、まあ、そこを感じさせないようにできるのがベテランの上手さなのかもねむ。
    そこはやはり高橋大輔選手でしたよね。素晴らしかったわ。
    ワシはどこかのスケオタもどきと違ってやみくもに批判することはしませんのでww
    >
    > むしろ、ジャンプがこれからある程度決まってくると、PCSがどんだけ上がるんだろ…みたいな。
    フリーは8点台後半かなと予想。
    >
    > >高橋選手の悪質ファンからの叩きが酷かったことへの意趣返し
    > この気持ちはわかりますけどねww
    > 「あのとき、あんたたちゆづにそれと全く同じこと言ってたよね?自分の贔屓が言われてどう?どんな感じ?」と、問い詰めたくなるもんwww
    そうそう、「ねえどう??どんな気持ち??」と聞きたくなるよねww
    でも羽生君ファンのブログではそんなにボロカスに書いているブログは見かけなかったよね、ごく一部を除いて。
    その辺りねえ、やっぱりトラウマというか、やってはいけないことだとやられた方は身に染みているのだとおもいますよ。
    かつてのデー○○と違ってねwwwww!
    いやいや、いつか一般人の目に触れるところで大ブーメランがかえってきたら嫌ですからなーーーwwwいまだけ文春👍今だけです。

  10. ちいこ より:

    > ですよねー
    >
    > 私もうっかり某陰謀に走ってるブロガーさんにあやうくコメントしそうになりました
    > ジャニとまではいかなくてもアーティストやタレントに対して許可なく写真集もどき出すなんてありえないのになーんでファンが羽生の権利をないがしろにされ続けてる状態をオッケーって思うのか不思議で
    はじめましてJJさん。
    他の例を考えればわかることだと思うんですけれどもね。。。。あと、できれば次回コメントの機会がありましたら、羽生君はもちろん選手には敬称をつけていただきたいです。(良い意味でのニックネーム以外)
    どうしても呼び捨てというのはアンチの印象がありますし、知り合いでもなんでもないですので。もし自分なら知らない人から呼び捨てにされたら嫌ですもの。
    >
    > 羽生本形態で出したいならば羽生サイドと契約して相応の金払って(金払えやー!)出せばいいわけで、それができないなら出すないかルールの範囲内のものを出版すればいいだけなんですよね
    > お目こぼしの時間が終わっただけで事務所に所属している選手ならばもっと早期対応されたことかと思います
    事務所所属の選手には全然ないですよねwwでもそれが正規の対応なのだと思います。
    >
    > 大ちゃんのも意趣返し同感です
    > 個人的には特に異もないというかそもそもブロック大会の採点であーだこーだ言う気にもならないです
    > この大会レベルだと上下選手の差が大きく出る分点数差が拡がる傾向にありますし
    > 採点論自体は興味深いので悪意がなければ楽しいんですけどね
    > 悪意が絡むと皆熱心だなーと真央ちーの時からずっと思ってます
    > 長々失礼しました
    あ、私は点数はあーだこーだ言いたい派ですww文章で誤解されたようですが。。。
    今までさんざん言われてきたのでしょうがないですね~これは。

  11. ちいこ より:

    すみません、お返事が前後して申し訳ありませんがこちらから。
    りりさん、初めまして!コメントをありがとうございます。
    同意をおっしゃっていただいてありがとうございます!
    ただ、(株)team SiriusさんがWFSから依頼した「魂のプログラム」だけの契約なのか、羽生君個人で継続して契約した法人さんなのかはわからないところです。
    今まで発行された写真集等を見ましたが、こういった法人のクレジットは初めてのようではあります。
    ここ1年から1~2週間の間の動きを見ると、法の専門の方々が段階を踏んで手続きをしているようにも見えます。
    キスクラの突然の発売延期も手続きのためでは?と予想しています。
    >これからは羽生くんの権利が守られるようで、ほんとに良かったと思います。
    ついでに悪質アンチの取り締まりもして欲しいくらいですね。
    これですよね!!
    いや~本気で羽生君の有名ヘイター達はやられてもおかしくないと思いますww
    なにせ長い、しつこいですから。。。
    折しも東京都でヘイター取締条例が都議会で可決されましたし、アンチは存在するもの、我慢するものという悪しき時代は終わったと思いますね。

  12. りり より:

    はじめまして。
    いつもブログ楽しく拝見させていただいています。
    今回の件、いろいろと完全同意です。
    株式会社team Siriusは、
    母体?は、「○○○○法律事務所」というところのようですね。
    これからは羽生くんの権利が守られるようで、ほんとに良かったと思います。
    ついでに悪質アンチの取り締まりもして欲しいくらいですね。
    ※りりさんすみません、一旦コメントを公開しましたが、事務所名をあまり書くのはよろしくないと思いましたので、削除して修正した上でもう一度あげさせていただきました。
    申し訳ございません。

  13. ちいこ より:

    > こんにちは。
    こんにちは!
    >
    > 写真集良かったみたいですね。
    > それよりも良かったのは肖像権を管理するコンサルタントがついた事です。これから全てそちらに任せるのかなー?
    > ソチ五輪後、雨後の筍のように湧いて出た雑誌は淘汰されてきましたね。これは決して羽生君の人気を潰そうとしたものではなく、守ろうとしたものだと言うことを、このブログを見た人だけでも知って貰えたらいいですよね。そして広がっって行けば。
    あああ、記事も追記しよう。このコンサルがWFSから依頼した単発の契約なのか、羽生君個人の継続契約なのかはまだわからないところですね。
    ただ、今までの動きを見ると法の専門家が昨年あたりから段階を踏んで手続きをしているように思います。
    >
    > 高橋さんのpcsですが、ジャッジにはガイドラインがあって
    > とても良いスケーティングのとこが8点台になってました。
    > ツイッターで見かけたのでちょっと正確じゃないんですが、そこから転倒やスピンの減点を引いてあのくらいなのかなと納得しました。
    > 一人だけスケーティングが違いましたよね。
    > 演技も4分間があっという間で流石です。音楽が特にカッコ良くって良かったです。
    引き込まれましたね、さすが高橋大輔選手だと思いました。
    PCSも概ねこんなものかなと。
    ただ色々言いたくもなるのは当然かとww言われたくなければ言われないだけの振る舞いを常日頃してほしいし、悪質ヘイターには内部からちゃんとある程度指摘してほしいですよね。あまりにも長いこと放置してしまったから慣れすぎているんでしょうが。マオタも同様ですわ。
    言葉の暴力に慣れたらいかんですわ。
    羽生君ファンにも悪質はいるけど、そのあたりちゃんと指摘してますし、認識してますから。
    まあ効果はないんでしょうがww
    >
    > 正直、高橋さんとそのファンには思うことはたくさんありますが演技は
    > ちゃんと楽しもうと思ってます。
    > あ、でもタオルバナー持ってる人の顔をついガン見してしまいましたよwこれが…….うん、何でもないw
    わたしも周りのゆづ友さんも「この人たちがあの。。。」でまじまじと見たと言ってましたよーーーww
    大ブーメランすぎるww
    私達も気を付けましょうね~。
    >
    > フィンランド大会待ち遠しいですね。
    待ち遠しいですよね、羽生君がいい練習ができていたらいいな。

スポンサーリンク