PR

星くずふりまく妖精王✨

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はとっても興味深いBBCのワールドフリー解説の翻訳が流れてきました~。
解説者はKatherine Downesさんとご存じロビン・カズンズさん。
ツイッターで翻訳された方がいらっしゃいますので、リンクを貼ります~。COCOさんすみません、ツイートをお借りします汗。
いつもわかりやすい翻訳をありがとうございます!
https://twitter.com/806coco/status/1379880753408974848?s=20

https://twitter.com/806coco/status/1379884189403787270?s=20
https://twitter.com/806coco/status/1379892219960774656?s=20
https://twitter.com/806coco/status/1379892220946440192?s=20
https://twitter.com/806coco/status/1379892904169238531?s=20
もうこのBBCの解説がツボでツボでw
①キャサリンさんが6分間練習の間に半分妖精、FS後に妖精王、今日は星くずをふりまくことはありませんでしたが。。。と羽生君を解説w
②カズンズさんが事前にキャサリンさんに羽生君の全日本の動画リンクを送信していた件w(ファンですやん。。。)
③カズンズさんの「彼は観客が1人でも8000人でも同じように演技するのだと思う。彼は自分のために滑っている。我々はそれを見せてもらっている。」に激しくうなずき鳥。
イギリスって妖精の本場ですから。。。

学生時代にエルフやエルフ王が出てくるトールキンの指輪物語を読んで超長い映画3部作を見た者にとっては、エゲレスの人から見ても妖精王なんだ!で驚きとやっぱりそうですよね??ですよね?と握手したい気持ちです!
だって映画版では妖精の王子のレゴラスはオーランド・ブルームで森の奥方ガラドリエルはケイト・ブランシェットでアルウェンはリブ・タイラーですお。。。美美美で眼が!眼がああああ!な俳優達が演じているんですよおおおおお!
そして、キャサリンさんにも星屑をふりまいているのが見えたんですねええええ!でがっちり握手したい!
加えてロビン・カズンズ氏は変わらず羽生君がお好みのようで。平昌の時もべた褒めでしたからのう。。。あとカズンズ氏ってロイヤル・バレエスクール出身(ここ重要)で演技の雰囲気と手足長のスタイルが羽生君と似ているんですよね。エルドリッジもですけど、やっぱり自分に似たスタイルと滑りが好きになるんじゃないかなと思いました。


Robin Cousins 1979 NHK Trophy – Free Skating “Murder on the Orient Express”(Mintaka Alnilam様)
Mintaka Alnilam様いつも素晴らしい画質の動画をありがとうございます!
解説が面白いんですけどw足が3mに見えるとかw声が稔氏に似ているような気がするんですが。。。?1977年のワールド後に引退しているのであり得るかも?
お次はブログ「あれこれ」さんから、このような話題が。
自分の備忘録のためにもリンクを貼らさせていただきます。
2021/04/06 《Match TV》と、フィギュアスケーターの演劇スキル教師、マルガリータ・ブガーエワとの会話「羽生と一緒に働くことを夢見ている」
【一部抜粋】
―フィギュアスケーターの中で、イメージのプレゼンテーションの観点から誰が最も才能があるとあなたは思いますか?
「多くの人たちもそうだと思いますが、常に私が感嘆させられたのは羽生結弦です。
私が自分の生徒たちに、しょっちゅう例を引くのは、中国のグランプリで彼が頭部に怪我を負い、包帯を巻いてプログラムを滑り切ったことです。《御覧なさい。彼がどれだけ自分の仕事を愛しているか! 彼は傷ついた頭で、これが最後であるかのように滑ったのですよ。》と、私は話すのです。」
【中略】
「全体として私がより重視するのは、芸術性というよりも、フィギュアスケーターのエネルギーであり、観客席を波で覆い尽くす能力です。」
【中略】
―あなたには、夢の生徒はいますか?
「はい、羽生結弦です。彼は、何らかの内面的予備的力の源を利用しているように、私には思えるのです:瞑想、チベットからの仏教徒たちによる秘密の訓練(笑)。為すこと全てが、どれ程唯一無二なことか。結弦と話をして、理解したい:彼がどのようにしてそれをものにしているのか、プログラムを作る時に、彼はコーチたちと何について話しているのか。私は、個人の成長に興味があります」。
全体的に非常に示唆に富んだ素晴らしいお話でした~。
注目したのが、
「全体として私がより重視するのは、芸術性というよりも、フィギュアスケーターのエネルギーであり、観客席を波で覆い尽くす能力です。」
の部分です。これはまさに羽生君の特色で、稀有な才能なんですよね。これだけは本当に生まれ持っての才能だとしか言えないとおもふ。
そして、羽生君の魂の内側にある爆発的な何かがあるからこそのエネルギーと観客席を波で覆い尽くす能力なんだなと気づいてらっしゃるんだなと。
さすが芸術の国ロシアの演劇スキル指導者ですよね。演劇スキル指導者、というところがまた重要ですよね。
小手先でしたり顔で解説しているTSLやアメリカのジャーナリストなどの評論家もどきとは違いますなあ~。
羽生君もBBCのキャサリン&カズンズ解説とブガーエワさんの評を目にしていたらいいな(´ω`人)
本日のお話はこれまで。

羽生結弦
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. あんり より:

    私は映画から入りました。レゴラスの顔と銀の長い髪に惚れた口です(笑)
    ホビットの精神の純粋さとか…本を読んでさらに深く世界観が理解できました。
    イギリスで撮られた妖精の写真を何かの本で見たことも←ホントにいると信じてましたし
    今でもイギリスには妖精の通り道が看板と一緒に残されているそうですし…本場で妖精認定って羽生くん凄すぎます(*`艸´)

スポンサーリンク