PR

24時間テレビの菩薩はにゅ君。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!
24時間テレビの羽生君のアイスショーをご覧になられましたでしょうか?
スケーターとしてさらに一段階上のステージにいったような、まるで菩薩のような天上美を感じさせましたな~。
メモを取りながら。。。と思っていたのがあまりの美しさにそれどころではなくなり魅入ってしまいました。画面に吸い込まれてしまうんですよね。
『ホワイト・レジェンド』に新たな振付を加えてさらに美しく深淵に、そして『花になれ』の美しさと暖かさにじんわりと目に涙がにじんでしまいました。このプログラムは羽生君のファンになった頃に初めて見てからのお気に入りのプロなんです。本当に羽生君の滑りは見ている人の心のドアをノックしていくような、そんなパワーがあると思います。
また技術的にも4Tの後にスパイラルシークエンスを取り入れていてもはや4Tとは??になっていますし、ずっ友3Aが軽々過ぎて2Aにすら見えてしまうという。
技術的なこともありますが、それより何よりも私はやっぱり羽生君の真骨頂は恥ずかしげもなく思いや魂をさらけ出して滑ることができるところだと思うんですわ、これは天性の才能でありだからこそ初見の人にこそ伝わるのだと思う。これだけはどんなに練習しても身につくことができるものではないんだろなあ。
また、今回のアイスショーのために制作したという衣装の美しいこと!
まるで鮮やかな着流しを着て左手には藤の花、右手には日本刀も持って踊る侍のようです。フィギュアスケーターはこうでなきゃ。
そしてお衣装の色や飾りにも注目。。。帯はゴールド、ラインストーンにグリーンとピンクの石を散りばめているのはソチのロミジュリ衣装と同じですわね。。。そして仙台の伊達政宗公ゆかり?の藤の花の刺繍。
過去の衣装の集大成のような気がするーーー!
そしてもしかしてめっちゃやる気ですか??金色を使用しているところがね、うん。それとも平昌オリンピックシーズンのバラ1衣装でゴールドの帯を締めていたことへのオマージュでしょうか。いずれにしてもベスト・オブ・やる気の羽生君の衣装という印象です。
この衣装は本当にこのアイスショーのためだけなのかな~もしかしたら今後エキシビション等で使用するかもしれませんね。
それにしても「天と地と」の衣装は桜で今回の衣装は藤の花って本当に侍のようですよね。。。
また衣装が超キラキラヒラヒラしているところが「ストレート??そんなの関係ねえ!着たいものを着ればヨシ!」と言っているかのようで愉快痛快!これこそフィギュアスケーターですよ、着たいものを着ればいいじゃんねえ。


羽生結弦】震災から10年…羽生結弦のSPアイスショー ​/ 24時間テレビ44 PART.6
(Medha Media Production)
「震災から10年たったということが、どういう風に言葉にしていったらいいか分からない気持ちがあるんですけど。こういう世の中だからこそ、1歩ずつ前に向けて歩いていけるような気持ちになっていただけたらなと思って滑ります」
「僕にとっては(新型コロナウイルス禍は)あのころ(震災後)の思いと似た思いがあります。本当に滑っていいのか、悩んだ時期はすごくありました」「被災地を含めて、今、コロナの状況が大変な中で僕の演技を見て少しでも前を向いてくれれば」

2021082216061619b.jpeg
20210822160625239.jpeg
20210822160634ed9.jpeg
2021082216064380a.jpeg
2021082216065686f.jpeg
20210822160704fc1.jpeg

羽生君。。。こんなに美しいってどういうことなのかしら!??

あとこの衣装を『すっぴん』で着こなせるのは女子にもあまりいないと思われ。。。恐るべし羽生肌。。。
はあ、久しぶりに美しい羽生君を見られて安堵しました~少なくとも収録時点ではお元気だということですし。
どうやら滑っている最中にエッジで手を切ってしまったらしいですが汗、早く治りますように。
スポーツ新聞さんのツイートも続々と上がってきていますね。


『花になれ』は泣くよ泣いちゃうよ~
本日は羽生君の滑りで浄化されましたので、明日からまたフレッシュな気持ちで過ごしていけそうです!
Amazonサイトへ


Amazonサイトへ


復活しました~!


フィギュアスケートランキング

羽生結弦
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. よっしー より:

    まさに「菩薩」!
    もうありがたくて両手を合わせてしまう・・
    10年前のホワイトレジェンドは瑞々しく若さほとばしるものでしたが、26歳のそれは羽生くんのこの10年を凝縮したような穏やかさ、優雅さ、たおやかさに満ち溢れてましたね・・
    ホント4Tのエアリーさと言ったら。
    ジャンプはプログラムの一部、流れの中で跳ぶという彼の集大成のようなジャンプでしたねー・・
    今思い出してもため息。
    ライティングや他の演出など一切いらいない。
    フィギュアスケートから「美」を取り去ったらいったい何が残るのでしょう。
    新衣装、フォルムが「天と地と」に似てましたね。
    私、あの袖の感じが凄く好きで滑って風を切っている時に一番キレイに見えるように作ってあるのかなあ、と。
    衣装大事よ、ホントと声を大にして言いたいです。

  2. 通りすがり☆ より:

    羽生くん。
    姿も演技も衣装も美しすぎました。
    浄化の凄さ…病み上がり?の重い身体が一瞬にして軽くなったような気がします。
    衣装の色が夕張メロン姫と似たような色合いですが、ずっと高貴で神々しく見えますね。仏さまが五色の雲に乗って降りてくる仏教画でも見ているような感じで。
    明けの明星とか、春は曙…とか、夜明けを告げる◯◯とか、いろんな言葉が浮かんできます。
    ストーンの色合い…そこまで気が付きませんでした、流石ですね!あの衣装には色々な思いが込められているんだな…
    この驚くべきエフォートレスな演技を鬼リピして、技術や表現もじっくり堪能したいと思います〜(目も良くなりそうですよね)。
    P.S.
    私の場合ですが、ワクチン1回目はそれほど副反応は酷くなかったです。たくさん水分を摂ってよく寝て、接種日に備えてくださいね。

  3. ひろ より:

    こんばんは!ちいこさん!
    なんというか凄いと言うか尊いと言うか、とにかく言葉になりません。
    4T+スパイラルとか、鬼スピンとか色々エグい事やってるのですが、それらを吹っ飛ばすようなあのオーラ(語彙力無くて上手く言えない〜)。
    お衣装も神でしたね。天と地の時も思ったのですが、まるで水彩画のようなグラデーションが美しい!
    話は変わるのですが、今朝NHKで「東京オリンピック新競技からの新しい風亅みたいな特集をやってました。スケボーやスポーツクライミングではメダルや順位関係なく、難しい技に挑戦して成功した選手を皆で祝福しリスペクトするのだと。元陸上選手の為末氏も価値観の一つになるだろうと。
    そこで羽生君です。
    私内心では、4A完成しなければ北京には出ないかなと思ってました。なにせ4Lo跳べなきゃ平昌行くなと自分に言ってた人ですから。
    でもこの番組見て、北京で4A挑戦あり得るのかもと思いなおしてます。(金)メダル持ってない選手なら手堅い構成で行くでしょうが、羽生君は2つ持ってるので気にせず鬼構成やるかもしれませんね。
    どちらにしても全力応援です!
    長々と失礼しました。

  4. タルタルソース より:

    羽生選手の演技はだいたいそうなるのですが、初見はただ息をつめて見つめるだけでした。
    もう一度落ち着いて見直して、もう唸るしかないです。
    こんな演技のできるスケーターは、この世に他にはいないですよ。
    スピン一つとっても、回転スピードがまた上がってませんか⁈
    いやー全く素晴らしい。ジャッジども、目をかっぴらいてよく見ろ、それでも分からなきゃおとなしく退場しろ!と思いました〜。

  5. ちいこ より:

    よっしーさんコメントをありがとうございます~。
    昔の漫画ですが、「あさきゆめみし」に紫の上を失った光源氏が凄まじい後悔と悲嘆の後に姿を現した時の全てを超越した美しさに貴族達が驚嘆する場面があるのですが、何故かそれを思い出しましたわ。。。様々な経験を経た上でたどり着いた無我の境地といいましょうか。
    >ライティングや他の演出など一切いらいない。
    フィギュアスケートから「美」を取り去ったらいったい何が残るのでしょう。
    本当にそうですよね、フィギュアスケートそのものの美しさだけで見る人を天上の世界にいざなったと思います。
    >新衣装、フォルムが「天と地と」に似てましたね。
    私、あの袖の感じが凄く好きで滑って風を切っている時に一番キレイに見えるように作ってあるのかなあ、と。
    衣装大事よ、ホントと声を大にして言いたいです。
    「花になれ」は特に風を切っている時に袖がひらめいているのが肝なんですよね、そうすると和風の衣装が一番いい。
    衣装大事それです!花になれでユニクロ衣装とかないわー!になると思います~。

  6. ちいこ より:

    通りすがり☆さんコメントをありがとうございます~。
    羽生君の演技が病み上がりのお身体に染みたとのこと。。。いやほんとそれだけの美しさでしたよね。
    >衣装の色が夕張メロン姫と似たような色合いですが、ずっと高貴で神々しく見えますね。仏さまが五色の雲に乗って降りてくる仏教画でも見ているような感じで。
    明けの明星とか、春は曙…とか、夜明けを告げる◯◯とか、いろんな言葉が浮かんできます。
    ストーンの色合い…そこまで気が付きませんでした、流石ですね!あの衣装には色々な思いが込められているんだな…
    衣装が夕焼けのような色合いで新ロミジュリのグリーンとピンクのストーン、バラ一の金色の帯、SEIMEIのように和風のフォルム、恐らく仙台伊達政宗公ゆかりの藤と今までのプロへのオマージュ、集大成という気がしています。また色合いが夕焼け色というのがキャリアの集大成を感じさせつつ、しかし帯がゴールドというのも「やる気か??」とも思いますしどうですかね~。
    いずれにせよ今までのキャリアへの思いが感じられる胸がきゅっとする衣装でしたわ。。。
    P.Sの件ありがとうございます~。
    今日からワクチン接種の事前の準備をいたします~。

  7. ちいこ より:

    ひろさんコメントをありがとうございます~。
    24時間テレビの羽生君は全てと超越していましたよね、技術もそうなんですが見ているうちに語彙力0になっていく美しさ。。。言葉を失うとはこのことですよね。。。
    お衣装もこんな天上人衣装を着こなせるのは羽生君だけ!な衣装でしたね~。
    >私内心では、4A完成しなければ北京には出ないかなと思ってました。なにせ4Lo跳べなきゃ平昌行くなと自分に言ってた人ですから。
    でもこの番組見て、北京で4A挑戦あり得るのかもと思いなおしてます。(金)メダル持ってない選手なら手堅い構成で行くでしょうが、羽生君は2つ持ってるので気にせず鬼構成やるかもしれませんね。
    私も体操の内村選手・バイルズ選手、水泳の瀬戸選手の姿を見て結果に拘る部分も当然ありますが、勝負にこだわりつつも4Aに挑戦してくるのでは?と思いはじめました。
    そうそう、当初の目的だったソチ・平昌の金メダルはもう獲得しているのだからあとはやりたいことをすればええねん!ですね~今こそバトン爺の言葉を思い出そうですわ。

  8. ちいこ より:

    タルタルソースさんコメントをありがとうございます~。
    ホワイト・レジェンドの最後の長いスピン、花はさくの一輪の花のようなスピン、スピンでさえも心象風景にしてしまうの素晴らしかったですよね。
    >いやー全く素晴らしい。ジャッジども、目をかっぴらいてよく見ろ、それでも分からなきゃおとなしく退場しろ!と思いました〜。
    ほんとうに。失ってから気づいても遅いんだぞ?と言いたいですね。
    今また海外スケオタの間では今のようなせわしない少女の演技ではなく真央ちゃんやキム・ヨナさんやカロリーナ・コストナーさんの大人の女性のカリスマ性があり華やかで美しい演技を懐かしむツイートを見かけることが多いんですが、まあそういうことですな。

  9. レモンパイ より:

    美しかったですね💛
    もう何回リピしたか。全てに魅せられています。
    しかもなんですか? あの進化は????
    彼が登場する時って、世界中のファンが期待して、固唾をのんで、何を見せてくれるか?魅了してくれるか? って期待していますよねー。プレスだって。
    きっと彼ならすんばらしいものを見せてくれる、ってみんな思っていますよね。
    自分だったら、と考えたら、立っていられない・・・。逃げたい・・・(≧∇≦)逃げます。
    凄まじいプレッシャーですよ。
    なのに、なのに、ですよ。毎回、期待を上回ってくるんですよ、あの方は。(@_@;)
    考えたら、2020年明け以来、一体どれだけのプログラムを見せてくれたか?
    どれもこれも、どんだけ完成度が高く、衝撃的で、その度に、進化が半端なく、口あんぐり、だったか。
    それを、4A追及しながら、コーチなしに、たった一人の深夜練習で仕上げて来た。
    プロデュース力にもひれ伏します。
    スーパーパーソンですね。
    そして、ちいこさんおっしゃる通り、思いや魂をさらけ出せる稀有な人なんですよね。オーサーが言っていましたね、ユヅルは氷の上に全てを投げ出せる、こんなスケーターは見たことないって。しかも超美形。居ないですよ、100年に1人、1000年に1人なんです。
    ISUやらスケ連やら、もうどうでもいいかな? 彼はもう超越している。下界で騒いでいてもらっていいんじゃない? 
    オリンピックさえ、羽生くんにオリンピック必要なんじゃなく、オリンピックに彼が必要、という存在。
    と、初めて本気で思いました。

  10. レモンパイ より:

    衣装の色、夕焼け、ではなく、東雲色って言われていますね。
    夜明けの色です。
    多分そっちだと思います。(^_-)-☆

  11. ちいこ より:

    レモンパイさんコメントをありがとうございます~。
    本当に羽生君のプロデュース力には脱帽ですよね、鷹のような眼を持っているのだろうか?と思う時があります。
    >そして、ちいこさんおっしゃる通り、思いや魂をさらけ出せる稀有な人なんですよね。オーサーが言っていましたね、ユヅルは氷の上に全てを投げ出せる、こんなスケーターは見たことないって。しかも超美形。居ないですよ、100年に1人、1000年に1人なんです。
    そうなんです!上手い選手は沢山いますけれども氷上に全てを投げ出せるスケーターはほとんどいない。
    今まで見てきた中でも5人に満たないと思っています。
    中でも羽生君は筆頭でこれは天賦の才としか言いようがなく努力で身につくようなものじゃないんですよね。
    ISUはスケ連はぎゃふんということになるんじゃないですかね~羽生君が引退したら大事なマネー流入がなくなりますからw
    オリンピックと違ってISUへのロシア・アメリカの放映権料なんかたかが知れているし日本が命綱じゃないですかねえ~。
    日本の大スターが引退しても日本人は見てくれるしスポンサーも沢山つく!と思ったら大間違いですぜ、です。企業は利益が減少すると見込むところにはスポンサーしない、シビアです。

  12. ちいこ より:

    鍵コメントY様コメントをありがとうございます~。
    羽生君の24時間テレビの演技はこのアイスショーのためだけに相当な練習を積んだんだろうなと感じられる演技でしたよね。
    独創的で細部まで行き届いていて。
    ほう、アメリカの方々がほうほう。
    羽生君のレットミはヨーロッパでも大絶賛でしたけどねw北米がセンスないだけじゃね?と思いますわw
    そういえば東京パラリンピック開会式でもはるな愛さんをはじめ多くのLGBTQの方々も出演していましたが、ますますヤバいのでは??と思いましたね~wwこれって単なる演出だというわけではないと思う。オリンピックの『理念の柱』になったわけですから北京でも当然そうなるでしょう。
    オリンピック前は選手・関係者の言動が過去も含めてパブリックなものになってきますからねwどうなりますか。

  13. ドライアイス より:

    お久しぶりです。24時間テレビの記事がもうこんなに後ろの方に💦
    今さらですみません。
    ワクチン接種の副反応が、ブログを書くのに差し支えない範囲で済んで良かった
    です。2度目もあまりひどくないといいですね。
    24時間テレビの羽生くん、押しつけがましくなく希望の存在を示しつつ、
    さりげなくそばにいて、それぞれに違う気持ちをそのまま受け止めて
    大切に包み込んでくれるような、
    胸に塞がっているものを溶かしてすうっと心に滲みこんでくる、
    優しい気持ちの溢れた、じんわりと心が温かくなり、
    自然と前向きになれるスケートでした。
    自身のこれまでの道のりとこれからへの決意を見せられるホワイトレジェンドと、
    皆の気持ちに寄り添ってくれる花は咲くを組み合わせたことで、
    いっそう深く届く気がします。
    書きながらふと思ったんですが、多様性受容の精神にも
    そのままつながっているのではないでしょうか。
    夜明けを連想させるような綺麗な衣装、
    ちいこさんの言うように、過去の衣装の集大成感がありました。
    それは振り付けにも表れているように感じました。
    インタビューなどから考えると、さらけ出せるのが良くて滑ってると
    いうところがありますよね。
    正に芸術家の資質であって、それがアスリートとしての資質と
    とんでもなく高いレベルで共存している奇跡的存在だなと思います。
    ちいこさんが羽生くんのスケートに見る真骨頂には納得、
    その上で、あのなめらかなスケーティングや軽やかなジャンプや
    華やかなスピン、その他諸々の技術によってさまざまなものを描き出せ、
    気持ちとシンクロさせることで、より細やかに伝わり、
    いつまでも心に残るのだと思います。
    羽生くんの在り方は24時間テレビの大テーマ(「愛は地球を救う」)そのもの。
    タイトルの「菩薩」、思うことは皆同じですね。

  14. ちいこ より:

    ドライアイスさんコメントをありがとうございます~。
    >夜明けを連想させるような綺麗な衣装、
    ちいこさんの言うように、過去の衣装の集大成感がありました。
    それは振り付けにも表れているように感じました。
    過去の様々なプログラムの欠片を集めたような衣装だったように思います。
    あんなニュアンスあるグラデーションの衣装を着こなせるのは羽生君しかおらんですわ。
    >インタビューなどから考えると、さらけ出せるのが良くて滑ってると
    いうところがありますよね。
    正に芸術家の資質であって、それがアスリートとしての資質と
    とんでもなく高いレベルで共存している奇跡的存在だなと思います。
    まず「さらけ出せること」「感情を出せること」と答えているのが羽生君の滑りの特徴なんですよなあ。
    これ、やろうと思ってもできない選手の方が多いと思うんですわ。。。これができること自体が天賦の才能だと思うので。
    やっぱり採点競技の醍醐味は見えいる人の感情を動かすことだと思うのでこれがスケートの本質だと思っています。

スポンサーリンク