PR

肯定意見ナッシングなルール改正案w

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こにちは!
今日からずっとお天気が良いのでお座布団を洗ったり羽生君の西川キャンペーンで買った毛布カバー(これは今冬凄く重宝しました💛)を洗ったりと冬物整理に余念がないブログ主です。
あとクーラー・扇風機掃除などもありーの、皆さんもそろそろでしょうか?
昨年は予想外に梅雨が早く始まってしまったので困ったんですよね、確か5月中旬くらいからずっと雨だったかと。
今年の梅雨入りは早いと言われているので先手先手でやらねばです(気候が亜熱帯に近くなっているのかも?)
今日は婦人画報6月号増刊発売の日ですね。
今日amazonから発送メールがきたので明後日には届くかも?(田舎の悲哀)
手に入れた方によりますと、矢口さんのお写真、テキストともに素晴らしかったようです~。
婦人画報自体も好きな雑誌なので楽しみです!
楽天
☆4月30日はエントリー後ポイント倍の日☆

amazon
婦人画報は4月30日(土)発売

そしてそして。
やはり昨日ISUからルール改正に関する総会の議案が発表されましたね~。
ま、あくまで議案なので総会で採択されないことの方が多いのですが、ISU事務局から提出されたものは通る可能性が高いんでしょうね。
話題になった内容などを見ましたが、うーん、
ジャンプのGOE要件や点数の変更が少しくらいあってもいいものですが、全然ないんですよね。
(ジャンプシーケンスがそのままの点数入るという案はありますが)
以前総会で突然ISU事務局がテクニカル面の変更案を提示してきたことがありまして、そういうのもなきにしもあらずですが。
今のところ
・2020年5月に保留されていた稚拙な踏切のジャンプはGOEマイナスにする案
・ジャンプの基礎点を4Lz・4F・4Loを同じにする案

この2つが見当たらないんですよね。
特に『稚拙な踏切のジャンプはGOEマイナスにする案』が見当たらないのが本当にねえ、ここを入れないとシニアの年齢を上げたところで女子はロシア女子なんちゃってクワドで焼け野原になるだけやろ??なんですけど。
男子もあの低空の氷上で1回転近く回転してから離氷しているあの嘘ジャンプ、あれでいいわけ?
テレビで丸見えなんだYO!!
ISUはあれだね、スローでジャンプ踏切を何度も見て検証できるし、なんならジャッジが見ている映像より美しい映像でテレビに映し出されるってほんとわかっていないんだね、こりゃ駄目だ。
はあ~なんかもうほんとに案がこれだけで追加がなかったらフィギュアを見る気が完全に失せますわww
かえすがえすも2020年にこのルール改正案に反対したというコーチや選手達に対してガッデム!な気持ちですわ。
確かランビエールコーチも反対意見を述べに行ったそうですね~。事務局が地元スイスにありますもんね~。
あとは、良かったのは前述したジャンプシーケンス(4T3Aのようなコンビネーション)は以前は80パーセントしか得点が入らなかったのが、100%入るような案になっていることと、GOEとPCSを採点するジャッジを分ける案。
良かったのはこの2つだけww
シニア年齢を段階的に17歳に引き上げる案は片手落ちですし(チートジャンプ取り締まりとセットじゃないと意味がないっしょ)。
あと話題になっていたPCSを3項目にまとめる案。
要件を見ると
今まで雰囲気で点数をつけていたのが可視化された感があって草ww
これってもっと雰囲気で点数つけるようになるんちゃうんですかね?
確か6.0採点制度から新採点方式に変更した理由が、採点の基準を具体化するというものだったと思うのですが。
あとは、
・PCSの倍率の変更案(過去の試合の結果から割り出す)
などもありますが、もういいやって感じw
いつもは精力的に翻訳をされる方もやる気を失ったのかあまり見当たりませんなあ。
加えて海外のスケオタさんで肯定している人がほとんどいない件。
珍しくロシア方面好きのスケオタさんですら肯定している人がほとんどいないw(これはシニアの年齢引き上げが大きいのでしょうが)
それにしても、これらの変更ってまんま
アメリカ選手へのオーダーメイド
って感じですねえ。草草。
アメリカ選手といえば、
ザ・アイスのキャストが発表されましたが、アメリカIMGの養分になんぞなりたくないので行かないでーす。
(個人的にはザ・アイスにもし鍵山君がインしなかったら「それ見たことか」って感じです。だってね、マリニン君のライバルって鍵山君になるんじゃないですか?wファンではないが日本のスケオタとしてこれはいいの??と思いますけどw)
真央ちゃんが座長だった時はここまでなかったのに、今ではすっかりアメリカIMGの養分ショーになっているよね。
話がそれました。
以下、海外スケオタさんのツイートですけどルール改正案に関するものを貼ります。
とり急ぎ書きましたので、後からまた整理するために書くかも?
ISU-Communication No. 2472 AGENDA OF THE 58th ORDINARY CONGRESS PHUKET – 2022-


いやほんとこの方の意見のとおりですよ。
わかんねーから単純化したろ??ってことなんでしょうが、
単純化したところで美しくないものに人は惹かれませんから~。
https://twitter.com/Henni147/status/1520049686278717441?s=20&t=B5Evo_poTXPYuPKFI6fzCA
これらの動きを見て、羽生君はやっぱり旧採点時代の気風を残す最後の選手だったんだろうなと思いましたお。
後はこじんまりとした小粒選手達が大量生産されることでせう。
あと、昨日Jリーグ戦が開幕しましたが、なるほどこういう意見もあり。
スタジアムに3回来たファンはリピーターになると。わかる。
それだけに1回途切れると行かなくなってしまうということなんでしょうね。
フィギュアは殿様商売だからこういう努力ができるかどうか。


アイスショー用のお宿予約に
☆4月30日はエントリー後ポイント倍の日☆
👇

5月7日発売
フィギュアスケート・カルチュラルブック2021-2022 氷上の創造者

amazon
完売から復活しています!

4月22日(金)発売 
Number PLUS FIGURE SKATING TRACE OF STARS
2021-2022 フィギュアスケート シーズン総集編 誇りの銀盤。

楽天
☆4月30日はエントリー後ポイント倍の日☆

amazon

4月25日(月)発売 スポルティーバ
amazon

楽天
☆4月30日はエントリー後ポイント倍の日☆

4月25日(月)発売
KISS&CRY特別編集 羽生結弦POSTCARD BOOK
Dreams -Short Program-

amazon

4月25日(月)発売
KISS&CRY特別編集 羽生結弦POSTCARD BOOK
Wings -Free Skating-

amazon

楽天
入荷予約が復活しています
☆4月30日はエントリー後ポイント倍の日☆

ポチッと押していただけたらうれしいです!


フィギュアスケートランキング

フィギュアスケート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. よっしー より:

    婦人画報の表紙、羽生くん関係で今回莫大な数出た表紙の中で一番好きかもです。
    手のひらにはらりと落ちる雪が見えるようです・・
    ISUルール改正案、ちいこさんのこの記事で初めて詳しく見ましたが。
    なんとかもうちょっと羽生くんに現役を続けて欲しい、と願いながらも
    この状況で続ける気持ちになるだろうか・・?
    とやるせない気持ちに。
    >テレビで丸見えなんだYO!
    に失礼ですが笑っちゃいましたw
    素人さんでもテレビのスローで見てもわかることを無視し続ける・・
    あーこれで正しいジャンプをする選手いなくなるなーーー
    と。
    こんなに楽々クワドも3Aも跳べちゃうんですから。
    宇野くんのジャンプは「低い」ことはフジTVの計測でもわかってるわけで
    あれでクワド跳べるというのが物理的に可能なのか?、と絶対に納得できないんですよ・・
    フィギュアスケート大好きですが、こんなインチキジャッジするならもう五輪競技から外してもらっていいな、とさえ思います。
    いやマジIOCにお便りしたいくらいです。

  2. 通りすがり☆ より:

    こんにちは。
    羽生くんや一部の選手にしかできない事(米トップ選手にはできない事)は削っていくってことですかね。
    美しく繊細な足捌きは要らんと。
    映画や演劇を観ているかのような、脳みそを大いに刺激する深い解釈の演技も要らんと。
    まあ、今までもほぼ形骸化したようなPCSの採点でしたし。
    これだけPCSを簡素化する方向なら、技術面ではさぞかしきちっとした基準を取り入れるんだろうと思えば、それも無いですし。
    跳び分けなんちゃってジャンプも矛盾した基礎点の難易度設定も、そのまま。
    せっかくジャッジを分ける案が出ているというのに。
    意地でも質の高い技術を持つ選手に基準を合わせようとはしないんですね。
    羽生くんがフィギュアとして大事にしてきたものを悉く否定されていくようで、もうルール改正案を読んでいても辛いです(読むのもひと苦労ですが)。
    なんかもう力が抜けてしまって。
    何にもわかってないって事はないと思うんですよね、あの組織。
    どこに向かってるのかな。
    私は羽生くんの美しい演技を追いかけ続けるだけです…
    すみません、ネガティブ爆発して。

  3. レモンパイ より:

    脱力感ですね・・・。
    ISUほど世間の求める方向とズレていく競技団体もないのでは?
    世間の求めているのは羽生くんのスケート、羽生くんの追求するスケートなのだと
    オリンピック後の様々、諸々を見れば答が出ているでしょうに・・・
    やるべきことをやらず、やってはいけないことばかりしている。
    The Iceのキャスト、何やらウンザリしつつ、あれ? 鍵山君いないの? と思ったのですが、そう言うことですか・・・。
    婦人画報、まだ届かないのですが・・・大変好評ですね💛
    羽生くん周りは展示会も、次々出る雑誌もどれも素晴らしい。✨
    CSでのFaOI再放送も、色々感慨深いです。追いつかないですが(≧∇≦)
    FaOI2022もきっときっと、パワフルで多幸感に満ちているでしょう。
    このギャップが益々大きくなっているようです。
    これだから、羽生ファンが増えても、フィギュアファンは増えないんです。
    羽生くんの愛して止まないフィギュアをファンだって愛したいのに(´;ω;`)ウゥゥ

  4. くろくま より:

    フィギュアスケートは選手生命が短いマイナー競技(マイナー故に引退後もフィギュア界には残れる場所が少ない)だから、オリンピックとかその時々のちょっとした話題になればいいと考えている人達が主流なのかな。
    いくらアマチュアスポーツとはいえジャッジはボランティアのままで、しかし総会はリゾート地で行います、試合の前には競技関係者達の親睦を深めるために食事会を設けます。こんな人達が選手の競技成績を左右するのかー。
    現代のスポーツ競技としてズレていると思わないこと自体がズレている。
    元は貴族の道楽で、百年以上続く伝統あるスポーツに関与しているというだけでプライドがくすぐられちゃうのかな。
    もしかして、フィギュアスケートが一般から注目を浴び、関係国(団体戦のメダルが取れそうな国は初めから決まってるようなもんだったし)が増え、組織も大きくなって外部からの干渉が増えたりなんかしたら困るのかも。
    スピスケの人達は、どう見ているんだろう。
    I’ve Jewelsの田中さんとSportiva の能登さんのオリンピック取材記は良かったですね。今回、一般人の観戦記はなかったのだから、ページが倍でもいいのにと思いました。

  5. ぼんぬ より:

    こんばんは。
    ルール改定案出ましたね。ちいこさんの仰る通り超プレロテ取り締まり案やジャンプ基礎点改定案が出ていない上、他の案もクオリティ低すぎて暗澹たる気持ちになっています…思い起こせば19-20シーズンにエテリ三人娘がシニアデビューしなんちゃって4回転ジャンプで表彰台独占してしまい、羽生選手も下回りジャンプに意見を述べ、それを受けてか20-21シーズンに上記のルール改正が出てきたんですよね。その頃はまだISUも正しい方向に進もうとする気があったんですかね。
    羽生選手、さらにはチェン選手も現役続行を匂わせているからこんな改定になったのでしょうか。どんな手を使ったにしろ確実に以前よりはアメリカでのアイスショーのチケットは売れているようですし、この路線こそがアメリカフィギュア復活の最適解!ということなんでしょうか。日本では大失敗してるんですけどね…FaOIとその他アイスショーのチケット売れ行きは単純に公演数の違いなんですかね。雑誌の売れ行きもありますが…
    さすがに実際通るのは良くてジャンプシークエンスとTESとPCSのジャッジ分割案くらいかと思うのですが(これもコスト面でダメかも)そうでなければ羽生選手は今季怪我を理由に休養するかも知れませんね。あとはAI導入がどれくらい進むかでしょうか。たまアリワールドがどれくらい埋まるかドキドキです。
    実は前々から思っていたのですが、フィギュアスケート界の方々ってかなり美的感覚や常識が地球人離れしてないですか?地味衣装を受け入れたり、めちゃめちゃなプログラム曲を謎編曲と呼んで楽しめたり。あとジャンプもあんなに異なるものを一緒に扱い、競技の進化と受け入れられたり。羽生選手が宇宙人なのでなく、音楽を地球人の好みに突き詰めているから地球人のファンがこんなにいるんじゃないでしょうか。地球でやっていくならもう少し地球人の好みを研究してもいいのかも知れませんね。

  6. たまみ より:

    こんばんは。ルール改正がおかしな事に?
    技の繋ぎや音楽の解釈も無くなるのでしょうかね。下回りのプレロテジャンプは、今までどおり見逃し? 残念です
    しょうもない競技になりますね…カメラの複数設置もしないし。
    音楽を大事にする羽生結弦くん、彼が極めるスケートはフィールドを問わない。
    足首の状態もあるだろうけど、どうなるかな。
    プログラムの演技時間も変わる?と前に見かけたような気がするのですが。
    だとすると、ロンカプ持ち越しは難しいのでしょうか…もし続行なら、コーチと練習しないと。
    でもフィギュア競技、どんどん変な方向に行きますね。アメリカの好きにさせるとこうなるのか。

  7. ちいこ より:

    よっしーさんコメントをありがとうございます~。
    羽生君はもうあとは足首とお気持ち次第かなと思いますが。。。ファンとしてはせめて満員の観衆の中でフィニッシュしてほしい、続けてほしいという気持ちがありますが、どうなりますか(ゴールデンウィーク明けが緊張)
    宇野君のジャンプは色々擁護する声が聞こえてきますが、少なくともお手本とは見られていないことは確かだろうと思いますww
    高さが一際低いですしあの跳び方がオッケーならじゃあ氷上で1回転してから跳び上がっても問題ないってことでオッケーっすよね?ということじゃね??ということだと思いますけどね~。
    >あれでクワド跳べるというのが物理的に可能なのか?、と絶対に納得できないんですよ・・
    氷上でかなり回転を稼がないと無理でーすww
    ISUは羽生君が引退したらドル箱を失うでしょうね、ロシアも数年は駄目でしょうし、パパシゼ、スイハンも休養か引退をするでしょう。
    残ったのは小粒スケーターのみ。
    そして日本企業をあてにせずにアメリカのスポンサーを探してきてほしいですねw

  8. ちいこ より:

    通りすがり☆さんコメントをありがとうございます~。
    そうそう、PCSを簡素化してTESをきちっと見るならバランスがまだとれると思うんですけど今までどおりなんちゃってクワドもそのままということなんですかね(追加案がなければ)。
    私も特に2020年に保留された案が復活していないのを見てガックリきました。
    総合的に見ればアメリカの選手推しってことなんでしょうね。

  9. ちいこ より:

    レモンパイさんコメントをありがとうございます~。
    ISUは年配者が多いせいかどうも世間一般の感覚からずれていると思いますわw
    ザ・アイスのキャストは鍵山君は追加でインはあるかもしれませんけどもし本当になかったら「これはいいんかいw」と思いますね~日本のスケオタお気楽すぎ。
    羽生君についてはもう一極集中になっているんでしょうね。
    フィギュアスケート界のメッシ,フェデラーだから当然ですww

  10. ちいこ より:

    くろくまさんコメントをありがとうございます~。
    フィギュアスケートは元々上流階級のおハイソなスポーツだったからか全体的にワンテンポずれているというか「それ違いますから」ということが多い印象です。

  11. ちいこ より:

    ぼんぬさんコメントをありがとうございます~。
    ほんと、返す返すも2020年のあの改正が通っていればと思いますわ、年齢制限を設けてもプレロテを取り締まらない限りロシアが復帰したらまた表彰台を独占するだけやろ?と思いますわ。
    アメリカのアイスショーは2018年よりもはいいみたいですね。
    2023年も盛況なのかはわかりませんけれどもw
    チェン選手はそうなんですか?海外・地元アメリカの掲示板redditではそうではない意見が多数散見されましたが。。。あの掲示板ではチェン選手がモンペリエワールドにエントリーした時も「出場するとは思えない」という意見が多数で当たったんですがのう。
    ルール改正案は事務局案は通ることが多いんですよなあ、あとPCSの配分を毎年変更するのはなかなかいい案ではないかと思いました。
    一部のフィギュア好きの方々は「なんちゃってオゲイジュツ系」なので捻った美的感覚があるワタクシかっこいいという意識が高いと思いますw
    意識高い系??

  12. ちいこ より:

    たまみさんコメントをありがとうございます~。
    そうそう、カメラの複数設置すらしないんかいとw
    プーケットで総会は開催するのにカメラ代はケチるんですね。。。
    プログラム演技時間はかなり以前の改正案のようですよ、今は違うのかも?
    アメリカはロシアとエテリにばかり矛先を向けているけど一番ルールを変えてくるのはアメリカだと思いますw

スポンサーリンク