PR

ロシア杯も凍結?ロシアのドーピング問題。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぐうおおおこんな時間に~なので、手短に。
コメント返信。。。と思いつつ、この話題は外せないわ。
ロシアの国家主導のドーピング、検体すり替えの事実が発覚し、大騒ぎになっていますな。
なんでも、ソチオリンピックの結果もですが、これからあるロシア国内の国際大会も凍結を要請しているとか。。。
当然、フィギュアスケートも対象になるわけで、ロシア杯とJGPロシア大会の準備凍結をIOCは要請しているそう。
ロシア杯も凍結か、宇野らが出場予定/フィギュア

 国際オリンピック委員会(IOC)は19日、冬季競技団体にロシア国内で実施する世界選手権やワールドカップ(W杯)など主要大会の開催準備凍結を求め、フィギュアスケートでは11月4~6日のグランプリ(GP)シリーズ第3戦ロシア杯(モスクワ)が対象になりそうだ。日本は男子の宇野昌磨、女子の村上佳菜子(ともに中京大)らがエントリーし、男子で世界選手権2連覇のハビエル・フェルナンデス(スペイン)も出場予定。
 フィギュアは他に9月にサランスクでジュニアGPを開催する計画。ノルディックスキー・ジャンプは12月にニジニタギルでW杯を行う予定が組まれている。(共同)
ドーピングは許しがたいことではありますが。。。ましてや国家ぐるみともなれば、薬の手を借りずに人生をかけて頑張っている選手への冒涜ですからな。
しかし、フィギュアファン、ロシアのフィギュアスケートファンとしては、どうかソチの結果に影響しませんようにと祈るばかりです~。
特に女子シングルはうるさそうwww
そして、GPSロシア大会が凍結??
ということは、どこかで代替開催をするということかな。
なんてこと、と思いつつ、2011世界大会でロシアにはお世話になったので、日本で開催するのもいいのではとちょとワクワクしたり~現金でスマソ。
しかし、時差・移動距離の関係でロシア大会を選んだ選手もいるので、ヨーロッパかのう。
チャレンジャー大会を開催している国かもね。
イタリア、ドイツ、チェコ、スペインというのも有りかも。
宇野昌磨君やハビ、リプニツカヤちゃん達も出場するので、どうなることかと気になります。
一方、こんな動きもあったりして。。。アメリカはわかるけど、カナダはことスポーツやオリンピックに関係するとアグレッシブにロビーしてくるのが謎ww
米加主導によるロシアのリオ五輪締め出し運動に二分されるスポーツ界”>米加主導によるロシアのリオ五輪締め出し運動に二分されるスポーツ界
また、ワタスはサッカーも好きなのですが、今日おめでたい契約がありました。
JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 ~2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継~【Jリーグ】

Jリーグと、Perform Groupが提供するスポーツのライブストリーミングサービス*1「DAZN(ダ・ゾーン)」は、下記の通り2017年より10年間、約2100億円の放映権契約を締結いたしました。
今回の契約により、2017シーズンから明治安田生命J1リーグ、J2リーグ、J3リーグの全試合が、「DAZN」により生中継されることとなります。DAZNは世界最大級のデジタル・スポーツコンテンツ&メディア企業であるPerform Groupによって提供されるライブストリーミングサービスで、その特徴はテレビ、PC、スマートフォン、タブレット、ゲーム機など様々なデバイスを使って、いつでも、どこでも、高画質で中継を楽しめる点にあります。

また、JリーグはPerform Groupがこれまで世界のスポーツ制作において培ってきた経験と最先端のデジタル技術を共有いただくことで、臨場感溢れる試合中継制作に取り組んでいきます。
さらに、JリーグとDAZNはNTTグループとJ1クラブのホームスタジアムをはじめとした全国のスタジアムのwi-fi環境整備・情報サービス提供などのICT化*2を推進いたします。スタジアムでの視聴環境の質の向上や新たな体験創出など、Jリーグをさらに楽しんでいただく環境を整えていきます。
なお、「DAZN」サービスの概要(価格、加入方法など)については2016年夏に発表予定です。
これは非常に大きい!
まず、今までのJリーグの契約とは異なる巨額の契約だということ。
この契約金から、各クラブへの分配金を拠出する計画だとか。
イギリスのプレミアリーグ、ドイツのブンデスリーガ、スペインのリーガにビッグクラブが多いのは、ひとえに年々膨らむ巨額のテレビ放映権契約金から各クラブへの分配金が多いから。(リーガはちと違うが。。)
まあ、ISUが競技時間を短くしてでもテレビ放映権を獲得しようというのには、こういう背景があるわけでして。
また、J1からJ3までスマホでもライブが見られるって最高ではないですか~。
フィギュアスケートでこれができたら、最高じゃない?
既得権が多いから無理かww
少なくとも、テレビ局はもっと有料放送を活用して、スポーツの「ライブ感」というのを配信してほしい。
ライブじゃないスポーツ中継なんざ、気の抜けたビールですよ。
進行中の試合のライブ放送を放棄して、羽生君や宇野君のバックステージを放送されてもな。。ワシはちゃぶ台投げたくなるわw
メッシがゴールに迫っている間にベンチで着替えているクリロナをひたすら映すようなものじゃないですかww
そんなライブ放送、フィギュアスケート以外で見たことないっつーの!
特に2017全日本では絶対にやめていただきたいもんです。
結果をネットで知ってから1時間遅れで見る試合の面白くなさは尋常じゃなかったww
尻切れトンボになりましたが、こんな時間になりましたので、これにてドロン。
ではでは。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

フィギュアスケート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. より:

    アイスダンスのエカテリーナ・ボブロワがドーピング検査にひっかかって、ワールドに出場できなくなった頃に、ちょうどJスポのドキュメンタリーThe REALで「ドーピングにまつわる機密文書」という番組を放送してました。ちいこさんご覧になりました?
    この番組がロシアのドーピング疑惑騒動のきっかけになったらしい。。。もしご覧になってなかったら再放送もやってるようですが。
    ご覧になれないかもしれないので概略言いますw↓(いらんお世話かもしれませんが…)
    ドイツ制作のドキュメンタリー番組なのですが、ロシアの反ドーピング機関の職員とその妻の陸上選手の告白がメインで、ロシア陸連のドーピングは、どういうカラクリで行われたのか、どのように選手に薬が渡され、金が支払われたのかを軸に番組が進行していきます。
    選手がコーチから薬を手渡される様子も隠しカメラで撮影されていて、まさにリアルでした。
    もう反ドーピング機関自体、組織ぐるみで選手にドーピングさせてるんですな。
    アンチドーピング機関自体がドーピングの温床になっているって、、、もうヽ(゚ロ゚)ノオテアゲだよな。何を信じればいいのやら…
    反ドーピング機関の幹部、医者、コーチがグルになって、選手にクスリを渡したり、このタイミングで飲めと指示したり、隠蔽工作も手馴れたもんで完全に流れが出来上がってるんですぉ。
    そして選手に高額の金を要求する…これってマフィアがシャブ売ってクスリ漬けにして金銭まきあげて身ぐるみ剥いじゃうのと何が違うのかと…公的機関絡みだけにもっと怖いですよね。
    味方であるハズのコーチもグルなので、ドーピングを断ったら強化指定も外される可能性もあるワケで、たぶん選手はやるしか道がない場合も多かったんじゃないのかなと…
    この番組見ちゃうと、ロシアのフィギュア界もどうなんだろう?と不安になりましたね。
    たぶん、有名で実力もある選手ほど、組織から逆に狙われたりカモられる可能性高いんじゃないかな。と思いました。有名選手ほど口が堅いし、金にもなるから組織としては上客なんじゃないかと…こわいこわい…
    ちなみにこの反ドーピング機関の幹部は去年総辞職させられてますね。。。そして、元幹部達の不審死が相次いでいる、、、これ、け、け、消されたんじゃね?((((;゚Д゚))))ガクブル…心臓麻痺とかよくそのテの映画で出てくるヤツやん。。。
    ロシアのドーピング問題って、選手個人が勝利したいから薬を使う。という個人レベルをはるかに超えているんだろうなと。国家の威信を見せるため。というのと利権が上手く絡み合って、当の選手自体が食いものにされちゃってる状況だったのだろうなと。
    …ちうごくも昔ひどい時代がありましたけど、今は大丈夫なんですかね?
    リオはどうなるんでしょう。今日もN○Kニュースでやってましたね。
    ただこの問題って、ロシアに留まらずですよね。アフリカの陸連でもドーピングが利権の温床になっているようだし、もしロシア全体を締め出すとなると、他の怪しい国もどうするの?ということになるのでは…
    それと、五輪になると米が何かとロシアにいちゃもんつけるのがデフォみたいな。。。
    ロステレはどうなるんでしょうね。まあ、一種の制裁措置なんでしょうけど。。。
    ロステレみたいな試合は国家的にどうのという試合じゃないので大丈夫でしょうが、国家の威信をかけるような大きな試合は、ロシアでは当分見送った方がいい気がする。うがった見方をすると、ロシアが「死なばもろとも!」と、他国の選手に薬混ぜる可能性だって排除できなくなくない?w

  2. ちいこ より:

    お返事が前後しちゃってごめんなさい~汗。
    > アイスダンスのエカテリーナ・ボブロワがドーピング検査にひっかかって、ワールドに出場できなくなった頃に、ちょうどJスポのドキュメンタリーThe REALで「ドーピングにまつわる機密文書」という番組を放送してました。ちいこさんご覧になりました?
    > この番組がロシアのドーピング疑惑騒動のきっかけになったらしい。。。もしご覧になってなかったら再放送もやってるようですが。
    > ご覧になれないかもしれないので概略言いますw↓(いらんお世話かもしれませんが…)
    >
    > ドイツ制作のドキュメンタリー番組なのですが、ロシアの反ドーピング機関の職員とその妻の陸上選手の告白がメインで、ロシア陸連のドーピングは、どういうカラクリで行われたのか、どのように選手に薬が渡され、金が支払われたのかを軸に番組が進行していきます。
    > 選手がコーチから薬を手渡される様子も隠しカメラで撮影されていて、まさにリアルでした。
    >
    > もう反ドーピング機関自体、組織ぐるみで選手にドーピングさせてるんですな。
    > アンチドーピング機関自体がドーピングの温床になっているって、、、もうヽ(゚ロ゚)ノオテアゲだよな。何を信じればいいのやら…
    > 反ドーピング機関の幹部、医者、コーチがグルになって、選手にクスリを渡したり、このタイミングで飲めと指示したり、隠蔽工作も手馴れたもんで完全に流れが出来上がってるんですぉ。
    この前、ニュースで、尿を採取する部屋に穴が空いていて、隣の部屋に工事の人を装った工作員がいて、穴から検体を受け取ってすり替えていた、というのを見ました。何ソレこわい!
    こんな隠蔽工作していたのなら、ロシアで大会をするのはNOというのはよくわかります~怖すぎる!
    何をやらかすかわかりませんよね。。うう。
    >
    > そして選手に高額の金を要求する…これってマフィアがシャブ売ってクスリ漬けにして金銭まきあげて身ぐるみ剥いじゃうのと何が違うのかと…公的機関絡みだけにもっと怖いですよね。
    > 味方であるハズのコーチもグルなので、ドーピングを断ったら強化指定も外される可能性もあるワケで、たぶん選手はやるしか道がない場合も多かったんじゃないのかなと…
    そうかもね。。。ロシアンマフィアか?という。
    >
    > この番組見ちゃうと、ロシアのフィギュア界もどうなんだろう?と不安になりましたね。
    > たぶん、有名で実力もある選手ほど、組織から逆に狙われたりカモられる可能性高いんじゃないかな。と思いました。有名選手ほど口が堅いし、金にもなるから組織としては上客なんじゃないかと…こわいこわい…
    それが一番心配~特に団体は誰か一人でも該当すれば、きっと×になりますよね汗。
    >
    > ちなみにこの反ドーピング機関の幹部は去年総辞職させられてますね。。。そして、元幹部達の不審死が相次いでいる、、、これ、け、け、消されたんじゃね?((((;゚Д゚))))ガクブル…心臓麻痺とかよくそのテの映画で出てくるヤツやん。。。
    ロシアって、よく政府に都合が悪い人や反対派の人が不審死しますよね。。こわいこわい~。
    口止めされててもおかしくなーい!
    >
    > ロシアのドーピング問題って、選手個人が勝利したいから薬を使う。という個人レベルをはるかに超えているんだろうなと。国家の威信を見せるため。というのと利権が上手く絡み合って、当の選手自体が食いものにされちゃってる状況だったのだろうなと。
    > …ちうごくも昔ひどい時代がありましたけど、今は大丈夫なんですかね?
    国が勝利至上主義になるとろくなことにならない、といういい例ですな。
    共産党、社会主義時代の名残がまだあるのだらうか。
    >
    > リオはどうなるんでしょう。今日もN○Kニュースでやってましたね。
    > ただこの問題って、ロシアに留まらずですよね。アフリカの陸連でもドーピングが利権の温床になっているようだし、もしロシア全体を締め出すとなると、他の怪しい国もどうするの?ということになるのでは…
    > それと、五輪になると米が何かとロシアにいちゃもんつけるのがデフォみたいな。。。
    ロシアの場合は国が関与しちゃっていたのがこれまたまずかったですな。
    確かに他の国も怪しいよね。
    >
    > ロステレはどうなるんでしょうね。まあ、一種の制裁措置なんでしょうけど。。。
    > ロステレみたいな試合は国家的にどうのという試合じゃないので大丈夫でしょうが、国家の威信をかけるような大きな試合は、ロシアでは当分見送った方がいい気がする。うがった見方をすると、ロシアが「死なばもろとも!」と、他国の選手に薬混ぜる可能性だって排除できなくなくない?w
    逆にライバル選手の検体をすりかえて、ドーピングにひっかかるように細工するとかできないことはないよね~。
    もし羽生君や昌磨君にしたら、本当に洒落にならないですよ。。。しばらくはやめておいた方がいいのかもね。

スポンサーリンク