PR

冬の一番星。ほか雑談。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは~いまだ風邪が治りきらないブログ主です汗。
今更ですが、こちらの記事が素晴らしかったのでリンクを貼りたいと思います。


本命は、宇野昌磨!最も熱い男子シングル・全日本はここに注目
【一部抜粋】
そして、残念ながら今大会には出場しない羽生結弦選手についても少しだけ書かせてください。僕は、羽生選手と言うと、最初に浮かぶのはいつもあの“ニースのロミオ”なのです。五輪2連覇を果たし、常に技術を研鑽してきたスーパースターを語るのに、17歳の演技を蒸し返すのは失礼かもしれません。けれど、2012年世界選手権。あの『ロミオとジュリエット』に羽生選手の魅力のすべてがつまっている気がして、今でもつい見返してしまいます。
演技途中で突然の転倒。場内から悲鳴が沸く中、再び立ち上がり迷うことなく跳んだ3アクセル+3トウループ。あの勇気と勝負強さ。そしてコレオステップに入る前の魂の咆哮。もう体力は尽きかけている。なのに目が離せない。あのとき、この人はどんな逆境も力に変えて乗り越える。身を焦がしながら美しく燃える気高き一番星のような人なのだと、テレビの前で涙に震えながら思いました。だから大丈夫。必ずまた羽生選手は帰ってくる。それも一層強くなって。
そんな日を信じながら、今年もすべての選手に敬意を込め、全日本を応援したいと思います。
『あのとき、この人はどんな逆境も力に変えて乗り越える。身を焦がしながら美しく燃える気高き一番星のような人なのだと、テレビの前で涙に震えながら思いました。だから大丈夫。必ずまた羽生選手は帰ってくる。それも一層強くなって。』
泣く。

いつも思っていました。。。羽生君はまるで冬のシリウスのようだと。
身のうちに尽きることない高温の蒼い炎を宿し、一際白く輝く一等星のようだと。
そういえばシリウスは別名天狼星というんですよね。。。冬の凍てついた夜空に輝く孤高の星。
ニースの映像ではないですが、2013全日本の映像をCSフジテレビで見ましたのでその映像を。
2013全日本は大量の威嚇バナー(すまんがライバルの選手やファンからはそう見えるのだ。ホーム戦のサッカーの試合を見てみい!どうもスポーツ観戦音痴が多い印象だわ。。。)の中演技するという状況でしたが、フリー演技後にスックと立つ姿にとても強い意志力を感じます。


羽生結弦(Yuzuru Hanyu) 2013 全日本選手権 SP「パリの散歩道」(MM様)

羽生結弦 Yuzuru Hanyu 2013 全日本 Japanese Nationals FS(Sylvia Huang様)
①2013全日本は面白かった。。。
CSフジテレビで久々に見たのですが、最終より前のグループ、最終グループとも全ての選手が見応えがあり(SPでは磯崎さんも出場!)やはりとても面白かったです!
正直今の最終の3~4人しかGPSクラスがいないのは残念。
表現表現とか派閥を気にしているうちに関西のジュニア男子が伸びていないのは明らかです。。。。もったいない!
なぜか女子の方が積極的にクリケットやコロラドの技術を取り入れているという。。。。日本男子の弱さは派閥や拠点の違いによる気遣いが関係しているのでは。
女子に比べて競争が激しくないのも関係しているのではないでしょうか、世界のトップグループに入るという気概を感じないですわ。甘い。
羽生チルドレンとも言うべき東日本ノービス・ジュニア男子に期待するわ~。
②連続ドラマに伝記映画に。映画界はフィギュアスケートブーム?
アイ・トーニャ以降映画界はフィギュアスケートブーム?
イギリスでは連続ドラマでトーヴィル&ディーンのドラマが撮影中とのことですし(今どうなっているのかな)、映画ではジョン・カリーの伝記映画が製作され、加えてノルウェーのソニア・へニー、フランスのスルヤ・ボナリー様の映画も制作されるとか。
これらは絶対に見たい!
将来浅田真央さんや羽生君、伊藤みどりさんの映画が制作されたらいいなあ。
伊藤みどりさんとかそろそろいいのではないかと思うのですが。。。。佐野稔御大の時代もレジェンドが多いので見てみたい。
③ハンマー足
宇野君(ずっと昌磨君と書いてましたが名字の方がいいよね~で宇野君と書くことにしました)のGPF後に居酒屋稔がジャンプの技術についてかなり厳しい記事を書いていましたが。。。。まあ不注意コラムとは違うとおもふw怪我でも病気でもない。
そういえば、ロシア選手権前にヴォロ様が膝の靱帯を損傷し、リーザが肺炎、グメンニク君も病気で欠場になりましたがこれも管理不足で不注意なのだろうか?
まあいい。
そうそう、宇野君のジャンプの癖についての指摘を稔はしていたのですが。。。。
GPFの番組の冒頭で宇野君の4Fが大写しになっている箇所がありまして。。。そこでちょっとうーむと思ってしまいました。
ジュニアの時のようなハンマー足に戻ってしまっているのです|ω・`)
ハンマー足。。。。そういえば佳菜子ちゃんのフリップもそうでした。
これが私がまてぃこ組の悪癖だと考えているジャンプの癖の一例ですね。
そして全体的にトゥ系がハンマーぎみで、4Fは回転不足が顕在化。エッジ系のサルコウは度々の回転不足。ルッツは重度のエッジエラー。
宇野君のPCSが今季伸びきらないのはなかなかノーミスできないのもありますが、こういったジャンプの癖がプログラム全体を美的に損ねている関係もあるのでは。
私は佳菜子ちゃんのハンマー足がほんとにだめで。。。いかに素晴らしいステップを踏もうとあのハンマー足を見ただけで夢から覚める感じがしていました。流れを台無しにしてしまうんですよね。
そういえば中野ゆかりんは巻足がひどくて、PCSにも影響していると言われていましたな。
宇野君のジュニアとシニア1年目は特にジャンプの癖が強すぎてうーむでした。。。ここ2年くらいは大分良くなってきていたのに、ここにきてまた戻ってしまっているのは。。。ジャンプの矯正の難しさを感じますなあ。
全日本に羽生君がいないのは寂しいですが(羽生君本人こそ悔しいでしょう)、明日から始まるロシア選手権も全日本も楽しみです~。
金曜日の女子SPは忘年会が入っていてリアタイ出来ないのが残念!ロシア女子と日本女子が丸かぶりで凄く盛り上がるでしょうね!
最後に、せっかく大阪に行く予定なので大阪の美味しそうなお店のツイッターを。


それでは、ではでは。

フィギュアスケートランキング

羽生結弦+α
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. えみ より:

    お仕事お疲れ様です♪
    癖のあるジャンプが苦手なの凄い分かります(*´ω`*)
    特におしりを突き出しながらハンマーキックのジャンプを見るのがどうしても苦手です(^_^;)分かり合える方がいて嬉しいです(笑)
    宇野君はもう矯正は難しいのかな?
    これからも世界で活躍していきたいとなると今のままでは難しそうですよね。。。
    体も重たくなってきているからか回転止められないのとお手てグルンが酷くなってしまっている気がするのです。
    せっかく良い個性を持っているのにもったいないですよね。
    羽生君が言っていたように芸術とは明らかに正しい技術、徹底された基礎によって裏付けられた表現力がないと芸術として成り立たないと言ってましたが、本当にそうだなと思います。
    これはフィギュアだけでなく自分の仕事をしていてもそう思います。
    全日本皆頑張ってほしいですね(*´∇`*)
    ロシアの方も気になります♪

  2. レモンパイ より:

    CSフジが見られなず、動画拝見し、そうか、そうかと読ませていただきました。
    ベストな演技ではなく悔しそうではあるが・・・一人別次元の点数ですね~。それでも続く層は厚かった。
    もし今年怪我無く、出ていたら、どれ程圧巻の、誰にも文句を言わせない滑りを見せてくれたか、とチラとせん無いことを思ってしまいました。
    国内の派閥とか、忖度とか、よーわからないことが色々あり、その結果が現在の、日本男子・・・か。羽生氏がいないと、嫌でも見えてくる・・・世界でトップを取ろうと言う気概がない村社会(´;ω;`)ウゥゥ
    宇野君の技術の問題をようやく指摘した佐野さん。。。しかし少数派。彼ももう21歳、ジャンプの修正は超難しそう。
    羽生氏がどこまで頑張ってくれるか、引退したら当分闇の時代でしょうか・・・
    ノービスたちの成長に期待!

  3. マーキュリー より:

    お久しぶりです、昨年何度かコメントさせていただいた者です。
    ご多忙の中いつも興味深い記事をありがとうございます。
    2013年全日本、先日私もCSで久々に見ましたが、羽生君強かったですね~。当時そのわりに歓声が少ない、という声もあったようですが、現地組によると、余りにも圧倒的で歓声よりざわめきが起きるレベルだったとか笑。
    前年は色々あったようですが、羽生君は一年かけてメンタルも技術もオーラも、揺るぎない真の王者にふさわしく成長したのだなあと当時しみじみ感じ入ったのを思い出しました。
    そして、パリ散はやっぱりいいですね。大抵の選手のプログラムはここがstsqかな~と思いながら見てしまうのですが、パリ散ではそれが出来ないんですよ、躍動する魂と肉体につい見とれてしまい気がつくと最後のスピンに入っているという。今でも大好きなプログラムです。
    宇野君のジャンプでの苦戦はもったいないですね。オフシーズンにあれだけトレーニングしているのに。アメリカにいるジャンプコーチが試合に同行出来ればいいんでしょうけど、現状だと大会期間中に狂いが生まれた時、客観的に修正指導出来ない感じですよね。ネイサンもPCS伸ばしてきてることだし、思いきってジャンプ指導に長けたコーチに変えてもいいんじゃないかしら。宇野君もネイサンも普通に好き、位のレベルですがやはりチームジャパン贔屓。ネイサンに負けると悔しいです。 
    東のノービス、ジュニアも楽しみですね!夏季大会、東京ブロックと観戦しましたが三浦かおくんや佐藤駿くん、勢いとオーラが凄かったです。

  4. yoko より:

    いつも的確で楽しいブログありがとうございます。
    ハンマー足・・・わかるなぁと拝読いたしました。
    バレエで言う「かま足」ですね。
    あれで確かに美的世界が壊れます。
    美しい演技が見たいものです。

  5. ぺけにゃん より:

    もともと女子に比べて選手人口が極端に少ない男子。
    選手層が薄くなる時期があるのはしかたないのではと思います。
    女子だって、JGPSを見ていると、数年後のシニアはどうなるんだろうかと。
    選手の成長と直結するのは、一にも二にもリンク環境だと思います。
    今年前半は、須本君のホームリンクが使えなかったため、彼は貸し切り練習が激減してしまいました。
    関西の通年リンクはもともと少なくて他のリンクもパンパンなのです。
    また、中京のサブリンク、通称真央リンクが取り壊されました。
    サブリンクでは中京圏のノービスやジュニアの子がよく練習していたそうですから、中京圏の選手にとっては大きな痛手です。
    東日本に目を向けると、佐藤駿君は、仙台から埼玉に移ってから、貸し切りが多くとれるようになりました。
    (埼玉といってもあそこはかなりイナカ・・・それにリンクが2面ある)
    東神奈川のリンクは、数年前に横浜銀行がスポンサーになってから、サブリンク付きのきれいなリンクになり、鍵山コーチが軽井沢から移ってくるなどコーチ陣も充実してきて、今の鍵山君たちの躍進にもつながったと思います。
    新横浜のリンクもKOSEがスポンサーについたので、これから伸びてくるかもしれません。
    これらの事実を見る限り、リンクとカネがあるところで選手は育つという、身も蓋もない結論に落ち着きます。
    それを身に染みて理解していたのが羽生君で、彼のオリンピック連覇への執念の原動力にもなっていたのだろうなと想像しています。
    荒川さんの金メダルがなければ、羽生選手の仙台のホームリンクも危なかったのではなかったかな?
    関西には通年リンクが二つできるそうですから、数年たつとまた状況が変わるかもしれません。
    貸し切り時間と選手、特に伸び盛りの年代の選手の成長は比例すると、あらためて痛感している今シーズンです。

  6. よっしー より:

    本当に。気高く凍てつくほどの冷たさで光り輝く・・
    この前年のカナダへ渡って1年目のNHK杯のパリ散で突然羽生さんに堕ちて、この翌年の全日本のロミジュリで心震え。
    大変な人が現れた
    と、思ったことが昨日のことのようです。
    ワールド派遣選手の発表、マスコミを通じて、になったようですね。
    今年になっていきなりのこの変更は・・
    と何だか深読みしてしまいます。
    羽生さんが現役で頑張ってくれているうちに、若手が育ってくれないと・・
    といつも心配しています。

  7. こたっぺ より:

    ちいこさん、こんばんは!
    随分ご無沙汰しておりました。m(__)m
    いろいろありまして~。・・・って大したことでもないのですが💦
    そろそろ落ち着いたのでコメントしたいなぁと思いながらも、間があくと、何か、大縄跳びの回転している縄に入るタイミングをつかみかねている感じで、随分と久しぶりになってしまいました(^-^;
    モスクワの公式練習での怪我、ライストで見てましたが、血の気が引きました(´;ω;`)ウゥゥ 体操だと足裏全体で着地できるだろうに、フィギュアはあんなに薄いブレードで着氷しなきゃいけないなんて、何て過酷なスポーツなんでしょう。羽生選手が日々順調に回復されることを願うばかりです。
    13年の全日本は、ショートは会場で、そしてフリーはホテルでテレビ観戦でした。ライブ放送でしたよね?(途中からかな?)最終グループの6練では選手達を6分割画面でそれぞれ追ってましたよね?そんな演出初めて見たような・・・。強豪ひしめく五輪選考大会の緊張感が半端なかったです!
    もう間もなく、平昌オリンピックの年が暮れようとしてますね。
    男子シングル66年ぶりの連覇を果たした「羽生星」はいつまでも燦然と輝き続けますよ!(「孤高」という形容は羽生選手にぴったりで泣けてきます。)
    ちいこさん、大阪遠征取りやめは残念だと思いますが、無理は禁物なので。風邪が早くよくなりますように!

  8. Disney 鴨 より:

    こんばんは。お久しぶりです。
    この度は、ちいこさんが、風邪のため、楽しみにされておられた、全日本選手権に行けなくなられたことを残念に思っています。どうか、早く風邪が治り、ブログを復活出来ますように。
    ところで、男子SPが終わった段階で、1位宇野ぴょん、2位大ちゃん、3位高志郎君ですが、FSで、1位と2位は、そのまま変わらず、3位に、警察先生か友ちゃんが逆転出来ずに、高志郎君が入ってしまえば、ちいこさんが仰るところのもめそうなパターンになりそうですね。ただ、ちいこさんの予想された、もめそうなパターンは、3位に鍵山ジュニアでしたが。SPの順位では、高志郎君が、警察先生や友ちゃんの上に来て、FS最終組に、鍵山ジュニアが残り、友ちゃんが残れなかったのは、びっくりポンでした。

スポンサーリンク