PR

フランス大会1日目雑感。(2021GPSフランス大会)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こにちは!
今日から全日本ジュニアも始まるところですが、2021GPSフランス大会のごくゆるい感想をば書いてみたいと思います~。
まあ正直羽生君がGPSに出場しないことになった今、あまり気合を入れて見ているわけではないんですけどねw
ちなみにリアルタイムで見たのは女子SPの第2グループとアイスダンスRDの第2グループくらい?
男子SPはアーカイブで午前中に駿君と第2グループだけさっと見ました~。
2021GPSフランス大会総合リザルト
まず、ここは羽生君応援ブログなので男子SPから。
本当にざっとしか見ていないんですが、優勝した鍵山君上手かったですな~PCSも爆上がりですわ。
2013-2014年の羽生君、2016-2018年の宇野君を彷彿とさせますねえ。
ただし違うのは羽生君は日本国内では後ろ盾ゼロだったのに対して宇野君と鍵山君は後ろ盾有りなところですな🙄
羽生君はクリケットに入ったこともありますが、実力・ビジュアルともに圧倒的だったから不利な条件をねじ伏せたと言えますわな。
が、しかしいかんせんすまん、魅力がないんですわ。。。目が喜ばないといいますか。
スケオタさんは悦に入って喜ぶかもしれないけど、正直一般目線では厳しいかなと。。。(みなまで言わないでおこう。。。)
別に嫌いとかアンチでは全くないんですけど、「これは!」とか初見で魅了するタイプではない、ということでしょうか。
上手いんですよね、でも通りすがりのジャンル違いの人を惹きこむとかそういうタイプじゃあないんだよなあ、これはネイサン君もそうなんですけど。
フィギュア好きの人たちの界隈だけで騒がれそうというか。
ちょいフィギュア界の先々が心配になりますわ。。。
そしてこの前のNHK杯での宇野君は、PCSが高いという話もありましたけど、以前のような高さはないと書きましたがミスありの鍵山君のPCSと見た目ほぼノーミスだった宇野君のPCSがほぼ同じなんですよなあ。。。実績・安定・あと勢い点?
正直まだ宇野君の方がPCSは上だと感じるのですがね、勢いがある新人に点を出したがるというのがよくわかります。
(他人事ですw)
第1グループで滑った佐藤君も見ましたが大分進化している~!日に日に良くなっていますね。
激辛だった日本ジャッジもちゃんと8点台を出すようになりましたし、まあPCSは正直これくらいだろうなというのはわかります。
ジェイソン君も素晴らしかったーーー!シナーマン素晴らしい。
唯一PCSで他項目よりTRが高いという珍しいタイプ。
このクワドはないけど完璧だったジェイソン君と鍵山君のPCSが1点差しかないということで特に欧米のスケオタ界隈では物議をかもしておりますよ。
うん、これはないわ~と思う。
INとかもっと高くていいと思うのですがのう。
ラトデニ君も見ましたけど最近安定していますね。
まあ可もなく不可もなくという感想ですw
それにしてもやはりヨーロッパの大会だとヨーロッパ勢は点が高く出る傾向がありますね。
アイスダンスもパパシゼが89点台と高い点数が出た一方、スケカナで高い点を出したパイポーが81点台と伸び悩みましたからなあ。
プロトコルを見ているとなかなか面白くてwロッシャーのジャッジは鍵山君よりラトデニ君推しなんだなとか、アメリカは相変わらずアメリカ人選手を爆上げしているなあとか。日本のジャッジは可もなく不可もなく。
最近、あの下出さん、東悦子さん、山本さかえさんなどの通称歌子ジャッジが海外試合に出てこなくなったような?
まだ油断はできませんが、やっぱりちゃんと指摘することは必要なのだと思いました。
ジャッジに派閥がないなんてないと思いますわ。。。だって以前在籍していた大きな事務所でも普通にありましたもんw
ないなんて言う人はそれ相応の社会で働いたことがない人だろう。
特に男性陣のごますりが酷かったが、女性も普通にしていたし(わたすの同僚は出世のために不倫までしていて地域中の噂になっていたw)そして悲しいかな、そういう人が出世するのもまた事実なんですわ。
あと最近実はアメリカの方が縁故・つながり・学閥で昇進することが多いという話を聞きまして(だから皆つながりを求めてアイビーリーグに行きパーティーを開くのだとか)、アメリカジャッジが特に国籍バイアスが酷い理由がわかったような気がいたしました。
女子SP。
新葉ちゃんの冒頭3Aが1Aにいいいいいい!
うーむなかなかノーミスができないのだ。。。ここ最近の実績がないため、ノーミスで上に上がっていかないとオリンピックの切符は厳しい汗。
プログラム自体は凄く合っていていいと思う。
もっとPCSが出てもいいのにといつも思うのだが。。。
カレン・チェンちゃん、演技より眉毛が気になったw(イモト味。。。)
コスコスは新プロをものにしてきたー!という素晴らしい演技でした!
3F+3Tのぶっ飛びジャンプすかっとしますね!

何故か続くPCS8点台の評価。。。以前はノーミスしたら9点の選手だったんですが。。。同じトータルパッケージタイプのワリエワと比較されている感じがするんですわ。。。
シェルバコワちゃんは新プロに変えてきましたが、こっちの方がいいですね!
相変わらず決める時は決めてくるところがつおい。
思うに、コスコスのプロはオリンピックシーズンにはカジュアルすぎるのかもしれない。
他のシーズンなら良いですが、オリンピックシーズンに限っては基本ノリノリ系はあまり相性が良くないんですよなあ。悪くはないんですが、超ド級の名作にはなりにくいんだと思うんです。
(だから鍵山君のSPもうーむですし、キャラバンに変更するという噂のあるネイサン君もうーむです)
あとオリンピックシーズンにころころプログラムを変えるのは得策ではないですよね。
もし変更するとしたら過去プロに変更なら有りだと思いますがなあ。
あと、パパシゼのRDは最高じゃった!
Waackingを取り入れた振付さいこーこれは真似したくなります~(腕がつりそうですけどw)
こんなところでしょうか。
ファイティン公式ショップへ



楽天へ(11月23日までブラックフライデー開催中)

Amazonへ


ポチッと押していただけたらうれしいです!


フィギュアスケートランキング

2021-2022試合
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. ちいこ より:

    鍵コメントN様へ
    そうです!
    目が喜ばない、心が躍らない。
    青天を衝けで言えば(すいません毎週見ているんでw)ここ(心)がぐるぐるしないんですよなあ。。。
    これね、フィギュアスケート以外の一般の人を惹きこもうというのなら一番大事なとこだと思うんですがね。
    ビッグボスの「美意識」発言なるほど!
    そうそう、元々カリスマ性や美貌がなくても美意識を持てば違ってくると思うんだがなあ。
    まず衣装を疎かにしている時点で観客の目を無視しているとしか思えないと思う。自己満足なんですよね。
    アイスダンスの件、確かにしょぼい~w

  2. たろう より:

    羽生くんの動画をYouTubeでひたすら見てるんですけどどの動画も再生数が凄いですね~♪
    コメントを見ると芸術アート、美しい、神秘的、美少年、衝撃的な演技、歴史的、虜になる、優雅、ダイナミック、フィギュアは興味ないけど彼は好きなどのコメントが多く彼のバックグラウンドに触れてるコメントも多いですね。
    きっと皆さんの目が喜ぶ演技なんだと思います。
    個人的にフィギュア界隈の評価って私はそこまで気にしてなくて、ロシアは言うことコロコロ変わるし新しく活躍できる選手が出れば今まで活躍した選手に失礼なこと言ったりしてその選手こそ本物の天才だとか言い始めるし(コストルナヤとワリエワが良い例ですね…男子に対してもですが)、日本は派閥だったり事務所などの関係でアゲサゲ報道酷いなぁと思うこと多いので。もちろん全てじゃないですけどね。
    それより一般の方の素直な感想を見るのが好きです。思ったそのままを言ってくれてる感じがしますし、言葉の選び方も素敵だなぁと思うことが多いです。羽生くんの試合ある度に一般の方の注目度や食い付きが良いなと思ってて、ちいこさんのおっしゃる目が喜ぶ美しい見た目や演技なんだろうな~と思います。

  3. ちいこ より:

    たろうさんコメントをありがとうございます~。
    美や感動ってある種の衝撃ですよね。
    ロシアは勝利への拘りが半端ないだけに、勝ち馬乗りぶりも凄いな~と思いますw
    そうそう、一般の方々の反応こそが一番の真実だと思うんですよね。
    こまけーことは抜きにして一目見ればわかる選手はわかるんだと思うんです。
    だからこそ羽生君はソチと平昌でファンをがばっと獲得したわけでして。
    やはり一目でわかるような明確な美しさって大事だと思いますね~。

スポンサーリンク