PR

既成概念を跳び出したイノベーティブな「ライブ」だった『GIFT』東京ドーム公演。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんはっ!
夜9時すぎに帰ってきまして~超超楽しかったですけど何しろ遠いものですから遠征時にはブログはなかなか書けないんですよね~。特にうちのブログはFC2なのでアメブロのようにスマホで簡単に投稿することが難しいのですお。
ということで久々に疲れが残っているので詳細で暑苦しいレポは明日書くとしまして、ちょこっと『GIFT』の感想を。
助けて!
頭の中で冒頭の「火の鳥」から音楽と羽生君とMIKIKO&ライゾマアートが永久にリピートしてるの!

「GIFT」の余韻がまだ消えぬのです~。。。
えらいもん見たなの余韻が。。。羽生君の演技だけではなく東京フィルハーモニー様、生バンドの皆様の音が良すぎて、そしてMIKIKO先生とライゾマのアートが凄まじくて目から耳から心から衝撃を受けてまだ震え続けている状態であります。
あとSNSでも色々意見を見かけましたが、もはや様式美・テンプレ化していたアイスショーの概念を軽く飛び込えていたに禿同です。
二次元を三次元に、モノクロをカラーにした時のような概念をくるっとひっくり返したような。
やはりこんなことは羽生君にしかできないでせう。
そして、羽生君はアレンジャーじゃなくて一から創造しているところが凄い。
なんでもそうですが、アレンジは結構誰でもできるんですけど(そして今までのアイスショーはそれだった)、既成概念を跳び出して最初から創造するのってもうこれは「才能」なんですよね。
羽生君は総合演出家、アーティストとして天才なんですよなあ。
まさにイノベーター。
イノベーターは村からはハブられますからなあ~。
でも村の外に出たらあーら不思議で自由に泳げますし縛られることもないですし、見たままを評価してもらえるんですよぬ。
さっきNHKで俵万智さんの番組を見ていたんですけど、「日本は大衆を下にみているところがある」「大衆をなめんじゃないよって」と語っていらっしゃって、まさにそれなんですよね。
羽生君は大衆にこそ、初見の方にこそ刺さるスケーター・アーティストだと思いますわ。
そして、羽生君は若い時から、羽生結弦を見るということは「見るというより体感することだ」と言われていたが、『GIFT』東京ドーム公演はまさにそれだったと思う。
平面的になりがちなアイスショーの演出とは異なり縦に横に巨大な空間を満たす演出が羽生君の会場の隅まで届けることができる演技との相乗効果を生み出していたのでは。
あと余談として、そういえば『GIFT』にはエンタメ界はめたくそ反応しているけど現役アマチュア選手含めて通常のスケーターの方々からほとんど反応がないのはなぜなのか???(お察し?)
うちの畑を荒らすな、みたいな感じなのかのう~(狭い、狭すぎる)
そう言っているうちに羽生君公式から『GIFT』公演終了のご挨拶がきましたよう~😿
こちらこそ大きなきらきらと心の中に灯る贈り物をいただきましたよ。
どうもありがとう😿


かわいい💛
スクリーンショット 2023-02-28 001227
やっと息を吹き返したInstagramにも~。
「GIFT」を見た後に「こんなやべーライブを準備している時にInstagramなんか更新できないよなあ」とわかりましたん。


はにゅ君がYouTube公式に「僕のこと」の動画をアップしてくれいてますー。
メンシプ版は無編集ですよ!


『GIFT』には萬斎さんもいらっしゃってたんですね!
萬斎さんだけではなくユーミン、perfume、トシさん、宮川君、稔先生に都築先生もいらっしゃっていたんですね。
これはちょっとしたセレブーパーティーだったのではw


イレブンプレイの方々も凄かったですわ。。。もう羽生君と合わせて圧巻のパフォーマンス。
あのリオオリンピック閉会式で演技もされたユニットですよね、超一流ですわよ。
そしてそのプロのダンサーを凌駕する羽生君凄すぎますわ。。。
例えばビヨンセとかももちろんバックダンサーは超上手いしプロの目から見たらビヨンセより上手いのかもしれないですけど、でもステージで吸い寄せられるように見てしまうのはビヨンセなんですよね。


ノッテステラータのチケットは完売!
今日ノッテステラータ関係の情報が沢山きましたが追い切れていません汗。
羽生君どんだけ仕事しているの??
マルチタスクぶりが化け物レベルですよ。。。ファンですらアップアップしてるのに汗。


明日またうざく細かいところの感想をあげたいと思いますっ!
ポチッと押していただけたらうれしいです!


フィギュアスケートランキング

羽生君×CLAMPのコラボ絵本「GIFT」の予約が開始されておりますよー!
GIFT 9月1日発売
Amazon

楽天ブックス

2022-2023アイスショー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. よっしー より:

    お疲れさまでした!
    まだまだ余韻残ってますよねー
    Disny+でおかわりしてるんですけど、後半すぐのレックレ~レミエンのあとの阿修羅ちゃんの前の独白が非常に羽生くんの正直な心情を表しているなあと。
    北京五輪前くらいの気持ちというか。4Aができずに苦しみ、コロナで行動制限あって苦しみ、そしてケガ。みんなの期待。それらがごっちゃになってもう全日本の直前で一回バーン!したんじゃないかってくらいの。
    すごい苛立ち、ジレンマが感じられます。
    何もかも置いてどこか遠くに行ってしまいたいくらいの。
    そんな中での本番のSPの失敗からの4A挑戦は本当にすごいし尊い。
    そんな思いからの・・・・阿修羅ちゃんを見るとすっごく感慨深いんですよね。
    単なるノリノリナンバーではなく、羽生くんの頭の中そのものっていうか。
    ちいこさんのおっしゃるとおり。
    日本スケ連下にいる方、近しいOBOGの方がこのGIFTに関する発信がない・・?
    いや海外の選手他関係者も・・?
    私に入ってこないだけかもしれませんが。
    え?何のしばり・・?
    羽生くんはもうあっちの世界とは完全に線引きした存在になったのですかねえ。
    いや向こうから、ではなく羽生くんの方からピーって線を引いたのかもしれませんねえ。

  2. レモンパイ より:

    私もA席で豆粒を覚悟していたら・・・え? 
    久々に双眼鏡(GIFTグッズ買ったし)使う気満々だったのに、いらない・・・。でした。
    いや、もうあれはアイスショーの枠は軽く超えていましたね。
    一流の才能が集まって作り出した極上の空間のその中心に羽生くんがいるなにか。
    言葉を紡いだ、というのがどういうことなのか?
    ちょっと想像できないでいたら、 あああああ!こういうことか! でスタート
    (羽生くん、詩人ね。声優にも俳優にもなれちゃうし…)
    続いてあのど派手な「火の鳥」!・・・・・・・・・・そしてそして・・・・
    ちょっと、怖いくらいです。
    前から、時々感じた羽生くんの持つ「狂気」、
    とても常人には及びもつかないすさまじいエネルギーを感じて…
    羽生くんは、彼自身がどう言おうと、並外れた天才。
    才能があふれ出て、制御が難しい…
    歴史を作る人ですよね
    アマの時も凄い人だと思っていましたが、
    そんなものではなかった。
    スケート界の沈黙、縛りというより、茫然自失かもしれませんねー
    ちょっと2015年のど派手な連続300点越えで一人別次元に行った時
    を彷彿しましたが、
    そんなものではないから…
    しっかし、孤独を感じるはずだと、そこは自分レベルの感覚で思いました。

  3. ひろ より:

    こんにちは! ちいこさん!
    GIFTの興奮醒めやらぬですね。
    こんなどえらい物を創り上げた羽生君をはじめとする皆様に感謝、感謝です。
    現役を始めとするスケート関係者からの反応が無い事、レモンパイさんが仰っているように茫然自失としているのではないでしょうか。
    今迄のアイスショーはそこそこ滑っても高いチケットは捌けるし、「メダリストの〇〇さん」と紹介されて良かったと思います。
    でもGIFTがハードルを一気に上げてしまいました。GIFTのSSが27,500円でSOIのアリーナとそんなに変わりありません。寧ろ最前列はSOIの方が高いくらい。GIFTを観た者からしたら「?」ですよね。
    これからアイスショーは価値を上げていくか、価格を下げるか選択を迫られると思います。
    羽生君を競技から追い出して関係者は溜飲を下げたでしょうが、実は「虎に翼を付けて野に放つようなもの」だったと実感してるんじゃないでしょうか。

  4. あんり より:

    住人はショックのあまり声も出ないのでは?
    だってファンでさえ思考がまとまらないw
    ライブビューイングでしたが最後は泣いて鼻が詰まって口呼吸…
    全てがあまりに凄くて圧倒されて何を体験したのかよくわからない。
    阿修羅ちゃん…気がついたら「カッコイイ」と呟いてました( ゚д゚ )
    こちらが心配するほどの豪華な舞台と凄いアーティスト達…オリンピックの開会式の料金レベルでしょう!
    D●Iとかふたを開けて見ないと解りませんが、演出や出演者は羽生くん意外マジでぼったくりでしょう?
    いやいや既存のフィギュアやショー関係者にとってはパンドラの箱を開けられた気分かも。

  5. デコ より:

    日曜日私は、はやる気持ちが抑えられず🤭午前10時にドーム会場到着でした!予約の新聞を受け取ってあとは会場周辺をあちこち散策。
    海外から来てる人がずいぶん居るなあ、と改めて世界のユヅル・ハニュウを実感しました。アジア系はもちろんそれ以外の方でも、あの白ブルゾン姿を多数見かけましたよ♪
    GIFTは羽生君のために今の日本のエンタメ界最高峰が集結し壮大なショーで大成功を収めましたが、これは日本のエンタメ界が世界に本気で目を向けた出発点になって行くのか!?とも同時に思いました。
    羽生君のこれまでの世界はフィギュアに限られていたけど、これからはもっと広いエンターテイメントの世界にフィールドがいよいよ移っていく時に既に海外のファンも大勢いる、という事を理解し意識していく事がますます大事になってもいくんでしょうね。
    アミューズやMIKIKOさん達がこれからどのように羽生君に関わっていくのかも楽しみです!
    羽生君がSOIに参加するという事は、フィギュア村を今後も行き来出来るという事でもありますよね。羽生君はいつでも階段を降りてフィギュア村に行けてもフィギュア村の人にとっては簡単に階段を登る事は出来ない、といった所でしょうか??(苦笑)

スポンサーリンク