PR

狂気にも似た熱情。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2016 Japan Open – Evgenia Medvedeva FS (sabinfire様)
このメドベたんのプロを見て。。。。。
やはりロシアのプロはええのう!と思った。
人が持つ影、狂気のようなものが見え隠れするのだ。
真央ちゃんの「鐘」も、ああ、舞台がヨーロッパだったらどんなに映えたか、と思うんだな。
北米とロシアとヨーロッパの振付師さんがつくるプロは、やはり土地が持つ雰囲気ってありますよね、それぞれの良さがある。
そして、うん、羽生君の「ホープ&レガシー」を見て、
メドベ-デワの「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を見て、
町田樹の巨大なさいたまスーパーアリーナを突き抜けたプログラムを見て、
ああ、クリケットよ、
羽生君の中にある狂気にも似た熱情を引き出すプログラムと曲を提供してくださいませんか??
と切に願いましたとさ!
例えば、こんなの~こんなの~。

キムヨナ Yu-na Kim 2009 世界選手権 ショートプログラム [死の舞蹈](KindofParadise様)
冒頭のこおの表情!!

これだお~こんなのだお~。
振付師はウィルソンでしゅ。
塩付き動画じゃった。
羽生君のプロ、ロシアの振付師さんがプロをつくるって、ないよね。。。ウィルソンでもいいんだけどな、相性があるかな。
ウィル姐さんのエキシが楽しみです!
。。。。。。意味わかんないですよね、
わしはやっぱり羽生君に勝ってほしいのだ。
有終の美を飾ってほしいのだ。
そして、勝つにはやはり、「勝つプログラム」というのがあるんだよね、やっぱり。
時間がなくてスマソ。
ではでは~。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

羽生結弦+α
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. 七色めがね より:

    よくぞ言ってくれました。[絵文字:v-238]
    私もずーとそれ思ってました。
    私、やっぱり奈々美先生の振付、すきだなぁ・・・
    ドイツの洲本君のを見てると、ああ羽生君だと思い浮かべるのです。
    ウイルソンの新ロミジュリははっきり言って旧ロミジュリの部分移動みたいで、独創性に欠けてました。
    シェイリーンのFSはどれも同じに見えて、曲は違えど振りは同じ。
    やっぱ、チゴイネと白鳥、ロミジュリと悲愴、どう考えても奈々美先生の世界は動きが違う。
    ジュニアの時のパガニーニもsingsingsingも。
    奈々美先生はロシアの影響をうけておられるとの事。
    ジェフが羽生さんの新しい魅力を引き出したのに、他の振付師は奈々美先生を超えることが出来ていないのが残念です。

  2. ちいこ より:

    週末になってきたから、こちらからお先にコメント返信スマソ。。。
    > よくぞ言ってくれました。[絵文字:v-238]
    > 私もずーとそれ思ってました。
    >
    > 私、やっぱり奈々美先生の振付、すきだなぁ・・・
    > ドイツの洲本君のを見てると、ああ羽生君だと思い浮かべるのです。
    ななみ先生の振付は、羽生君にぴったり合っていますよね、
    なぜだろう、ロシアで修行されたという話を聞く前から、ロシア風味を感じていたんですよねえ。
    >
    > ウイルソンの新ロミジュリははっきり言って旧ロミジュリの部分移動みたいで、独創性に欠けてました。
    あ~すみません、新ロミジュリは好きなんですう~でも旧ロミジュリの方がもっと好き♪
    > シェイリーンのFSはどれも同じに見えて、曲は違えど振りは同じ。
    う。。。そうかも、ドキッ。
    >
    > やっぱ、チゴイネと白鳥、ロミジュリと悲愴、どう考えても奈々美先生の世界は動きが違う。
    > ジュニアの時のパガニーニもsingsingsingも。
    > 奈々美先生はロシアの影響をうけておられるとの事。
    プログラムによってガラッと変えられるところが凄いですよね。
    また、選手の魅力を引き出す選曲のセンスが抜群だと思います。
    ハッ!
    そうか。。。そうか、カナダに行ってから一番違うのは選曲のセンスかもーーー!汗汗
    ななみ先生の、2015NHK杯のエキシビ群舞の選曲のセンスもステキでした~♪
    >
    > ジェフが羽生さんの新しい魅力を引き出したのに、他の振付師は奈々美先生を超えることが出来ていないのが残念です。
    本当に。
    いっそのこと、オリンピックシーズンはSPもFSもジェフに選曲から何から推薦してもらったらどうじゃろう?
    その中から選ぶのは羽生君ということで~。
    ダメか?うーん汗。

  3. ちいこ より:

    ああ、東京GPF2009とか行きたかったですー!
    真央ちゃん、キムヨナ、大ちゃんもろもろ(もっと行きたかったのはGPF福岡2013ですがのう)
    私も、ソチのキムヨナさんの2つのプロは、メダルをとるというより、最後に自分が一番したかったこと、やりたかったことをしてお別れしたかったプログラムなのだと感じました。
    ショートの衣装も「たくわん色」と酷評されていましたが、(この情報は最初から知っているww)、終わった今考えれば、あの黄色は秋・銀杏の色、秋の陽の光のようなイメージなのかなと感じました。そして、アディオス・ノニーノは冬のイメージ。
    バンクーバーの2つのプログラムは初夏でしたね!青春、金メダルをかけて戦う青春そのもの。。。
    去り際の鮮やかさもお見事でした。
    しかしアイスショーまで引退しなくていいじゃん。。。と心底おもふ。。。
    羽生君は、自分で二連覇する気満々だと思うのですが、あのフリーの選曲を見て、口では二連覇と言っているけど、どうしてもアグレッシブさがなくなっているのでは、と感じたのです。
    まさか、このフリーをオリンピックシーズンにもってきませんよね?という。。。
    羽生君がキムヨナさんのような形の引退を望んでるならホープ&レガシーでいいのです、この曲で極めてみんしゃい!と思うのですが、こういう曲で連覇は相当難しいとやっぱり感じますよね。。。
    オリンピックシーズンは、わかりやすく華やかに、かつちょっぴりスパイスを効かせて、の王道がやはり強いですからのう。
    評価と、ワールドでの出来次第でしょうかの~。
    私も、もし二連覇を望んでいるなら、ショート持ち越し、フリーは変えるのを前提にしているのかなと。
    よく考えたら、オリンピックシーズンも「ホープ&レガシー」だったら、3季連続日本テイストのプログラムになるんですよね~。
    段々(勝手に)整理がついてきましたww
    ありがとうございます!

スポンサーリンク