PR

白鳥さん。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小さな白鳥さん。

ちょっとこの頃マイブームです。

昨今話題の、外国のゆづファンの方々が(といってもイタリアとロシアの方ですが)羽生君のことを白鳥さんと呼んでいること。

白鳥といえば、優雅なイメージがあるけど、私が思い出すのは、マシュー・ボーンの白鳥の湖に出てくる白鳥。映画、リトルダンサーにも最後ちらっと出ていましたね。

男性が白鳥を演じるのだけど、男性だけど美しくてしなやかで逞しいのに、傷つきやすいの。

そして、中身は獰猛。

獰猛なのに、繊細で美しい。

もしかしたら、羽生君の容姿(鳥を思わせる美しい首と長い手足)、ホワイトレジェンドもそうだけど、このマシュー・ボーン版白鳥の湖も、想起させるものがあるのかも。

水上では優美な姿を見せているけど、湖の下では一生懸命泳いでいるんだよね。

早く足のケガが治りますように。

トロントまで、仙台まで、上海まで羽ばたいていければいいのにな。

ソチの個人戦から明日で1周年。

何を思っているのかな、思えばずいぶん遠くにきたもんだ、かな。


元気な姿で現れるまで、こっちはこっちで頑張るよ。

そうとしか言えない、できない、いちファンより。

羽生結弦
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. ココ丸 より:

    改めて去年が怪我がない年で良かったね
    長引いた休養で焦って無理してでなければいいのだけど
    ワールドまでまだ5週あるのだから構成あげなくていいしブラッシュアップもしなくていいからゆっくり治してほしいですね
    早くトロント帰ったほうが無理しないでいいように思えるよ~

  2. star より:

    私は白鳥というよりも鶴って思って感じがしました。鶴って外国ではあまり知られていない生き物なのかしら。
    *2つ前の記事にコメントしました。遅くなってすみません。

  3. 白鳥さん、ぴったりですね。(starさんの仰る鶴さんもいいですけど)
    はかなく、細く、美しく、品がある。。(なのに中身はどSさんだったりしますが、笑)
    この記事を読ませて頂いて以来、思い出すと、にやにやしてしまいます。ブログネタにさせていただきました。事後報告ですみません。
    これからもよろしくお願い致します。

  4. ちいこ より:

    >ココ丸さん
     昨日の四大陸で確定情報きましたね!構成も変えない予定と…。はやくトロントにかえって、調整してほしいな。四大陸を見てギリギリしてそうだから(^^;)
    オーサーさん頼むは~。
    だんだん、羽生君がのび太に、オーサーさんがドラえもんに見えてきた…(^^;)

  5. ちいこ より:

    >starさん
     そうですね、名前もゆづるですし、ホワイトレジェンドも和風のアレンジなので、鶴もイメージします(^^)やっぱり、鳥を思わせますよね。そういえは、外国では鶴のことをあまり聞かないような。ヨーロッパでの白鳥は、日本の鶴みたいな存在かもですね。
    どちらも、昔話やおとぎ話に多く出てくるので、物語性がある動物のような。

  6. ちいこ より:

    >Megumi (野谷恵)さん
     こんにちは。
     Megumiさん、コメントをありがとうございます(^^)
     はかなく、細く、美しい…白鳥は色んな国でおとぎ話にも出てきますし、そういう背景もあって、羽生君への白鳥のイメージもあるのかも、とお返事を書きつつ、思いました~。

  7. ちいこ より:

    >Megumi (野谷恵)さん
     途中で送ってしまいました(*_*;
     ロシアやイタリアの方々が、「私たちの白鳥」とか「小さな白鳥さん」と呼んでいるというのを聞いて、わたしもきゅんきゅんしました。遠く離れているからこその、深い愛情を感じます( ´艸`)
    ブログを拝見しました!
    また、あとでコメントします(^^)(出先なもので)

  8. >ちいこさん
    お忙しい外出先からのお気遣い心からありがとうございます。
    急ぎませんのでお気になさらないでください。
    ひとつ補足(訂正)させてくださいね。
    いつも私のブログを見てくださっているちいこさんは、私がどれほど結弦くんを尊敬しているかをご存知ですが、他の方から見た時、(中身はどSさん・・・)と親しみこめて軽く揶揄してしまったことは誤解を招くと反省しました。
    「中身は(ドSさんの面もありつつ、笑)、本来はもの凄く繊細な、でも強くあろうと努力し続け、真っ直ぐにひとつの道に生きている、芸術家&アスリート」、と思っています。
    繊細でなくては、あんな表現はできないと思います。それなのに強くあろうとするところを尊敬しています。
    『この愛おしさ。』という記事のコメント欄まで拝見しましたが、私も、恋愛感情ではないのです。
    「ああいう風になりたい」というのが一番近いかもしれないです。(もちろん金メダリストということではなく、あの意志の強さのことです)
    長コメすみません。
    私が尊敬と感嘆を込めて書いた「花は咲く」の記事のURL置かせてくださいね。
    http://ameblo.jp/shiawasedesu/entry-11984038009.html

  9. ちいこ より:

    >Megumi (野谷恵)さん
     Megumiさん、補足のコメントをありがとうございます(^^)お気になさらずとも、おっしゃりたいことは、よくわかりますとも。
     どSなところも、繊細なところもある、成熟しているのに、子供のようにいろんな顔をみせるところが、魅力なのですから~(^。^;)
     羽生君への思いは、人それぞれですね。
     もちろん、恋心のような感情でもいいわけですし(^^)
     私も彼を尊敬しています(^^)
     

スポンサーリンク