PR

KENJIの部屋とかFaOI金沢とかロシアンフィギュアスケート情報とか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も今日とて情報が満載!

既出でしょうが、ついにミヤケン先生の「KENJIの部屋」に羽生君、そしてダイス登場決定~。

しかも羽生君の回は5回もあるという。いつものようにマシンガントークかましたんでしょうか。

○宮本賢二オフィシャルブログ 賢二流「KENJIの部屋」

○Jスポーツ「KENJIの部屋」

①9月のゲスト:羽生結弦選手
ここまでの人生は子どものころに立てた計画通りに進んでいると語る羽生結弦選手、トークはさらに今後の人生設計や選手引退後の進路にまで及びます。

エピソード1 初回放送:9月1日(火) ※時間未定 J SPORTS 4
エピソード2 初回放送:9月8日(火) ※時間未定 J SPORTS 4
エピソード3 初回放送:9月15日(火) ※時間未定 J SPORTS 4
エピソード4 初回放送:9月22日(火) ※時間未定 J SPORTS 4
エピソード5 初回放送:9月29日(火) ※時間未定 J SPORTS 4

②10月のゲスト:村上大介選手
現在、アメリカ在住で日本語よりも英語が得意だという村上大介選手に、宮本賢二さんが日本語を教える場面も?!日本語と英語を交えた爆笑トークは必見です。

エピソード1 初回放送:10月6日(火) ※時間未定 J SPORTS 4
エピソード2 初回放送:10月13日(火) ※時間未定 J SPORTS 4
エピソード3 初回放送:10月20日(火) ※時間未定 J SPORTS 4
エピソード4 初回放送:10月27日(火) ※時間未定 J SPORTS 4

羽生君もダイスも、話題満載ですね~羽生君は5回、ダイスは4回に渡っての放送。
特に羽生君は今後の人生設計、選手引退後の進路のお話(寂しいお。。。)も出るそうで、これは必見です。

また、FaOI金沢の練習動画も。
オーサーパパ振付ですか~羽生君はとてもリラックスしている様子ですね(^O^)。
金沢は放送ないし、貴重です~。

○FaOI金沢&YUZUコメント(YzRIKOさま作成動画)(感謝して動画をリンクさせて頂きます♪)

あのハンヤンが、羽生君の名作プログラム(この表現もおかしいけど汗)「ロミオとジュリエット」をフリーですべるそうです!どこにおかしな振付が混ざっているか。。。いやいやきっとハンヤンにとっていいプログラムになりますとも~。
ローリー・ニコルが(たぶん振付はローリーでしょう)この名作プログラムをどのように料理するか、楽しみです。中国のファンの反応が気になるところですw

ランスルー動画もあります。開始は1分過ぎからです。

興味がある方はぜひこちらのランスルーをどうぞ!
音楽が全部わかりますよ~。途中まで、おおメロディアスでいいわ。。。と思っていたら途中で不穏な音楽が少し入っていたのが気になるんですけどwwでもさすがローリー・ニコル。選曲がとても素敵!これはぜひ試合でライブで見たいところです。ゆずファンも必見です。
(何気に練習衣装がアンダーアーマーみたいにピッチピチだにゃ。。。「今おれはYUZURU!」な気持ちなんだろか)
ちなみにハンヤン好きですよ!

ほか、ロシアンフィギュアスケート関係の話題を。

ロシアNOWより○リプニツカヤのコーチにインタビュー

 おもしろかったのが,エテリコーチが「プログラムの中で彼は生きた」と表現していること。
ロシア語原文ではどのように言っているかわかりませんが,ミーシンコーチなどは、羽生君のことを「音楽の中を生きている」と言っていたのを過去のインタ記事で見かけたことがあります。こういうインタビュー記事の端々に、ロシアの長く深い音楽,舞台の歴史を感じます。
日本では良く「もっと音楽を感じて」「音楽にのって」「合わせて」とアドバイスすることが多いように思うのですが,それだと,自分自信の内側で解釈し、音楽に身を委ねるという深いところまで行きにくいのかなとも思います。
それにしても,ピト君はロシアの振付け師からもリンクでもやはりそういう評価だったのかと汗。
それを視点を変えてあっという間に表現方法を変えてみせるズエワさんは、やはりオリンピックチャンピオンを二人育て上げただけあるなと思いました。それを試合の中でも出せるかどうかというのは,構成が高難度の時代,羽生君でさえ苦労しているところではあるのですが汗。
頑張れ,ピト君!

また、リプニツカヤについても

~一部抜粋~

「ズエワはリプニツカヤを大変褒めていました。実際、そういう賞賛に値したと思いますね。最近、彼女はすっかり変わって大人になり、多くの物事に対し別の見方をしたり、見直したりするようになりました。それは当然、プログラムにも反映します。私から見ると、ショートプログラムでの彼女は、まったく“新しいリプニツカヤ”でした。彼女自身が望んだように、どこか悪戯っぽくて、それが彼女に似合っていました。上手くいったと思います。フリーでは、まあ、“踏みならされた道”ですが、シリアスなテーマを選びました。あらゆる技術的な要素を、彼女にやりやすいような形で盛り込むように、私達は努力せねばなりませんでした。」

これは、新シーズンが期待できそうです~。
SPは新しいジャンルなのね~。
そして、クリケットといい、ズエワ先生のところといい、いい仕事をする職場というのは、マネジメントがしっかりしているのだなと感じました。

ユリアちゃんのインスタより。。。
https://instagram.com/p/4Uh8X3kLT8/
すごく大人っぽい体になっている~驚き!
相変わらずきれいなイナバウアーです。
男の子もだけど,女の子の成長期も蝶のようにあっという間に美しく飛び立っていくのね~。

最後に、ぜひとも紹介したい記事があります。
またもや、「あれこれ」さんより

○2015/06/12 エレーナ・イリイヌィフ「アンチセクシーになることを学んでいる」

~一部抜粋~

—あなたはまた、ユーリヤ・リプニーツカヤと仲が良いですね。何があなた方を結びつけているのですか。傍目からは、二人は完全に違った性格で、鮮やかなほどに対極にあるように感じますが?

「五年か六年ほど前に、サランスクのロシアジ
ュニア選手権で、氷に出る前の廊下で、まだ本当に小さなユーリャを見たのです。私はその時まで彼女のことは、何も知りませんでした。その時の彼女の視線に私は驚きました:彼女からまるで閃光が飛んできたかのようでした。まだほんの小さな少女のなかに鉄の芯があるような。私は彼女の演技を見て、感動しました。別の惑星から来た少女:宇宙人だわ! その後はずっと、大いなる興味を持ってユーリャを追っていました。なんという意志力、独立心! 彼女の賢さは、年に見合ったものではありません。他の人たちのものとは違います。それはことばで説明することは難しいものです。ユーリャのことは、ことばではなく、感じ取らなければなりません。私は本当に彼女が大好きなのです。彼女の才能と意志を信じています!」。

「彼女から閃光が飛んできたかのようでした」

「ことばではなく、感じ取らなければなりません」

ずっと,演技の内容も性格も対照的に見えるイリニフとユーリャがなぜ仲がいいのか疑問だったけど,このインタビューで初めて理由がわかりました。
イリニフちゃんも相当なタフネスだと思うのですが。そのイリニフさんをして視線を見て「閃光が飛んできた」とは、どれほどのインパクトがあったのでしょうか。

その他の人とは違う意志の強さに惹かれる(自分にはないものなので)。

羽生君にも同じなのです。

初めて見た時にも閃光が目に飛びこんできたようだったなあ。

イリニフたんはさすがアーティストだけあって、一瞬で感じ取ることができるのでしょう。

これからもリプニツカヤちゃんをよろしくお願いします♪イリニフたんも応援しています!

2014-2015アイスショー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

スポンサーリンク