PR

2017四大陸選手権男子シングルのイメージ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


す、すみませんね!
どうもカンガルーの雄のガチバトルが頭からはなれなかったものですから!
精神的なパンチの応酬もしくは、羽生君のリカバリーはサッカーの失点後のカウンターからのゴールのようでした。
そして、なぜニースを思い起こさせたのか考えたのですが、4S+3Tが2Sになったのがニースのロミオでのステップ時のこけで、その直後の美麗3A+3Tがリカバリーの4T+2T、皆殺ステップとビールマンスピンが3Lzリストラのラスト3A。。。みたいな。
失敗後の絶対にあきらめない怒濤の「攻撃こそ最大の防御」を地でいく姿にカタルシスを感じるのかもしれないですね。
今日はこれだけです~落ち着いたらまたレポを書きます&アメブロに書いた分をコピーします!
ではでは(早くねやう)

2016-2017試合
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. より:

    ははは!カンガルーwww 例えうまっ!
    フィギュアではキックの応酬じゃなくて、ジャンプの応酬になってましたもんね。
    いやー今回の四大陸男子は面白かったわー。
    ちいこさんお疲れ様でした。面白い試合を生で観戦されて裏山ですっ!
    今回ネイサンがやったことは、全米でやったことはまぐれではないということを証明してみせて、ジュニア上がりでも五輪王者に勝てるのだということを示したことでしょうね。
    クワドの成功率高杉晋作!
    ワシは多種クワドを両立させるには、数年かかるのが普通。って思ってたアルヨ!
    男子フィギュアの新しい扉を開いちゃったなぁw
    このラスボス(←ネイサンねw)は、しかもまだ最終形態に変化してないんですよねwww
    まだ変化するゾー コワイコワイ…
    ネイサンのもう一つやった功績は、わかりやすさですかね。
    フィギュアをずーっと見てると、クワドを多種組み込んだからって、勝てるワケじゃないんですよね、若干難度を落としてクリーンに滑った方が勝つことが圧倒的に多い…
    だけどねー、そういうのよりネイサンの方がわかり易いんだよな。そして、今、そういう方向にトレンドが動いてる感じしちゃうんですけどもwww 
    …試合の興奮が一段落したところで考えてしまうのは、やっぱりゆづのジャンプ構成のことですかね。もうこうなったら、あと1種クワド増やすしかないんじゃね?(こわしいけど…)と思い始めてるのは、なんかに毒されちゃったせいだろうか?w
    PCSは水ものだから、今、ゆづの方が高くても、五輪シーズンにはどうなるか予測つきにくいのもあるんですよね。。。しょーまも、4S入れて4種5クワドにしてくるのも時間の問題な気がするしw
    本人も「4回転5本が視野に入った感覚はある」と言ってますよね。
    試合で戦って肌で感じるものってあるんでしょうなぁ。
    オーサーは、難度を上げるよりクリーンに行け!と言いそうですけどね。。。どうなりますかね。
    試すとしたらワールドはないけど、国別とか??……早いか!?w

  2. じゃむじゃむ より:

    数日たってみると、『負けても清々しい試合』→『ショーワの青春学園モノで主人公が本気で殴りあいの喧嘩の末友情が芽生えるの回』に脳内変換されてきたような。つきものの夕日はありませんでしたけど。
    (カンガルーの殴り合いでは尻尾が重要←初めて知りました)
    雑念邪念外野の思惑全部吹き飛んで、本人達相手のことだけ考えて本気でやりあった末の結末だったから、楽しかったし収穫もあったのでしょうね。確かにフィギュアの試合でこんなにもにょもにょした感じがない試合、昨今あまりなかったような。
    >『攻撃こそ最大の防御』
    まさにそれ、トップ二人が一歩も引かず守りに入ることなく[打消]殴りかかっていく[/打消]跳びにいく姿にオノコを感じました。五輪ではかくのごときまじバトルを期待しております。悲壮感も集大成感も感謝感も不要ですからね!
    今回途中でエルボー喰らって吹っ飛んでしまった感のあるしょーまくんも、次回はガチで参戦する気満々ですし(彼の場合想像すると可愛さしかない、なんで?)。
    はにゅうくん、今季コーチと言い合ってまで投入した4Loがなかったら今頃どうなっていたことか。そして確かに怖いのが来季の構成ですね。とりあえず怖すぎるから、非常に危険な気がする国別の時期はカナダに帰っていただけますか?春のショーも全休でお願いしますね。さもないと・・・想像するだにガクブル・・・

  3. ちいこ より:

    > ははは!カンガルーwww 例えうまっ!
    > フィギュアではキックの応酬じゃなくて、ジャンプの応酬になってましたもんね。
    > いやー今回の四大陸男子は面白かったわー。
    > ちいこさんお疲れ様でした。面白い試合を生で観戦されて裏山ですっ!
    どうしてもコレが頭から離れなかったものでッ。
    ちまたでも、ネイサンが一匹狼の不良設定とかいろいろあるらしいおww
    弾丸ほぼ移動の行程でしたが、行って良かったです~。
    >
    > 今回ネイサンがやったことは、全米でやったことはまぐれではないということを証明してみせて、ジュニア上がりでも五輪王者に勝てるのだということを示したことでしょうね。
    > クワドの成功率高杉晋作!
    > ワシは多種クワドを両立させるには、数年かかるのが普通。って思ってたアルヨ!
    確かになあ、ここでぽしゃったら、「ああ、全米だしね」で終わっちゃうもんね。
    決めたネイサンはやはり凄いですな、メンタルぱねえ。地味だが。。。(余計な一言)
    今までの常識を覆す人だぬ。
    >
    > 男子フィギュアの新しい扉を開いちゃったなぁw
    > このラスボス(←ネイサンねw)は、しかもまだ最終形態に変化してないんですよねwww
    > まだ変化するゾー コワイコワイ…
    来季はフリーで4Lzか4Fを2回入れてくるんじゃまいか??しかも一つは後半とかとか。。。計算したら4ルッツを後半に跳んだら基礎点だけで14.5くらいだったあるよ、4TをGOE満点で跳んでも上回る点数なり。
    PCSも上がるだろうしの~こわい!
    >
    > ネイサンのもう一つやった功績は、わかりやすさですかね。
    > フィギュアをずーっと見てると、クワドを多種組み込んだからって、勝てるワケじゃないんですよね、若干難度を落としてクリーンに滑った方が勝つことが圧倒的に多い…
    > だけどねー、そういうのよりネイサンの方がわかり易いんだよな。そして、今、そういう方向にトレンドが動いてる感じしちゃうんですけどもwww 
    ジャッジも「きたー!」って思っているんじゃまいか。
    羽生君はそしたらジャッジや観客を唸らせるようなプログラムと滑りをする必要があるとおも。
    ファンだけでなく、見た人が一瞬で沸き立つような滑りを。。。うん。
    >
    > …試合の興奮が一段落したところで考えてしまうのは、やっぱりゆづのジャンプ構成のことですかね。もうこうなったら、あと1種クワド増やすしかないんじゃね?(こわしいけど…)と思い始めてるのは、なんかに毒されちゃったせいだろうか?w
    > PCSは水ものだから、今、ゆづの方が高くても、五輪シーズンにはどうなるか予測つきにくいのもあるんですよね。。。しょーまも、4S入れて4種5クワドにしてくるのも時間の問題な気がするしw
    もう1種か5クワドにするしかないと思うの。
    GOE大事と言いますが、来季はネイサンもGOE稼いできたら、基礎点の差がますます浮き彫りになると思うんだな、実際4Lzにはすでに大きな加点がついてますし。苦手な3Aの後に頑張ってイーグルつけている。
    今はGOEがあまりつかない→1年後もそうだろう・・・この考えは危険ですな。
    これは、「予測」でなくて「希望」じゃろ??とおもふ。
    4Lzと4Fの基礎点の大きさをゆづオタちゃん達はもっと注意した方がええと思う。
    感動する演技と勝つ演技は違いますからのう。
    >
    > 本人も「4回転5本が視野に入った感覚はある」と言ってますよね。
    > 試合で戦って肌で感じるものってあるんでしょうなぁ。
    > オーサーは、難度を上げるよりクリーンに行け!と言いそうですけどね。。。どうなりますかね。
    やっぱ、羽生君の野生の猛禽類の勘の方を信じた方がいいと思うんだ。
    >
    > 試すとしたらワールドはないけど、国別とか??……早いか!?w
    代々木が大実験場になりそうww

  4. ちいこ より:

    > 数日たってみると、『負けても清々しい試合』→『ショーワの青春学園モノで主人公が本気で殴りあいの喧嘩の末友情が芽生えるの回』に脳内変換されてきたような。つきものの夕日はありませんでしたけど。
    > (カンガルーの殴り合いでは尻尾が重要←初めて知りました)
    まさにタイマン、そっちがそうならこっちはこうだ!で予想の斜め上を行きすぎww
    カンガルーの尻尾。。。尻尾で立つんだ!でびっくりですわw
    >
    > 雑念邪念外野の思惑全部吹き飛んで、本人達相手のことだけ考えて本気でやりあった末の結末だったから、楽しかったし収穫もあったのでしょうね。確かにフィギュアの試合でこんなにもにょもにょした感じがない試合、昨今あまりなかったような。
    失敗はあったけど出しきった試合、気持ちがいいですね!
    終わった後は清々しい気に満ちていたはにゅ君ファンも欲が出てきたのかジャッジに文句を言い始めるという~ww
    ジンクス的には銀メダルの方がいいんですけどね、知らないのかな。
    > >『攻撃こそ最大の防御』
    > まさにそれ、トップ二人が一歩も引かず守りに入ることなく[打消]殴りかかっていく[/打消]跳びにいく姿にオノコを感じました。五輪ではかくのごときまじバトルを期待しております。悲壮感も集大成感も感謝感も不要ですからね!
    引いていないところがいいですよね、スカッとしますな。
    こういう試合が五輪で見られたら最高だろうなあ。
    同じく集大成やお涙ちょうだいはイラネww
    > 今回途中でエルボー喰らって吹っ飛んでしまった感のあるしょーまくんも、次回はガチで参戦する気満々ですし(彼の場合想像すると可愛さしかない、なんで?)。
    次はやってくれるでしょー、今からある札幌アジア大会のフリーはどうかな?
    誠にもってお疲れ様ですじゃよ。
    >
    > はにゅうくん、今季コーチと言い合ってまで投入した4Loがなかったら今頃どうなっていたことか。そして確かに怖いのが来季の構成ですね。とりあえず怖すぎるから、非常に危険な気がする国別の時期はカナダに帰っていただけますか?春のショーも全休でお願いしますね。さもないと・・・想像するだにガクブル・・・
    国別が色んな意味でガクブルな悪寒。
    羽生君の先見の明は凄いですよね。
    アイスショーは前半か後半だけでいいと思うんだな~難しいだろうか。
    ワシは羽生君がいないとアイスショーはダメなタイプじゃないからww
    あと雑誌やCMの撮影は日本にいるだろう国別と銅像トークショーの時期だけにして、夏はか~え~れ~トロントへ~だなあ。

スポンサーリンク