PR

NHKのバンクーバーOP特集を見て、やはりキム・ヨナのファンだと認識したこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 ネットの世界では嫌韓もあいまってフィギュアスケートオタの間ではキム・ヨナ好き=売国奴扱いされるようですが…

   私はキム・ヨナのファンです!

   正直、真央ちゃんより上手いと思っているしっっ映像見ても魅了されるしっっ!!

   (点数はちと出過ぎだとは思いますが)

   というか真央ちゃんは妖精で別格だから別腹なの☆

 改めて「やっぱ好きだなあ…」と思ったのは、NHKBSであったバンクーバーOPのフリーの「ピアノ協奏曲ヘ長調~ガーシュイン~」。実況でもあったのですが、まるで水が流れるようなスケーティング,艶やかさ、コミカルさ、安定したジャンプ。ノーミスというのもありますが,それ以上に一つの作品として完成度が非常に高かった。難易度という点は問題かもしれませんが,とにかく基本に裏打ちされたとても美しい演技だったと思う。

 私は気に入ると(無意識でも)音楽や映像が何度も頭に再生されちゃう。

 年末から年明けにかけてのフィギュアスケート祭りで、録画したのを何度も見たのは

 1位 「羽生選手のGPFのFP ロミオとジュリエット」

 2位 「羽生選手の全日本選手権SP パリの散歩道」

 3位 「バンクーバーOPのキム・ヨナ FP ピアノ協奏曲ヘ長調~ガーシュイン~」

 4位 「トリノOPの荒川静香 FP トゥーランドット」

 5位 「真央ちゃんの全日本選手権SP  ノクターン」

 ※真央ちゃんのはバンクーバーは痛々しくて特にフリーは見られないんだな(;ω;)

  どの演技もスッキリさわやかですね!

  バンクーバーの時は、キム・ヨナ選手の演技の時は

  「こけろ~こけろ~」と思いました、正直。と思いつつ、「う、上手い…。」と見ほれている自分がいました。終わった時には「こりゃ負けたわΣ( ̄ロ ̄lll)」と脱帽。

  キム・ヨナVS真央と騒ぎになっていることを全く知らない母も

  「こん人は他の人と違うなあ!一番上手いがね!上手かった!」という反応。

  まあ、こういうのは先入観のない初見さんの反応が一番正しいかと思う。

  あと、キムヨナのメンタルコントロールも尊敬している。

  あの日本以上のマスゴミぶりの韓国で、サッカーで勝利すれば「韓国=優秀」、負ければ手のひらクルッ、あらゆるスポーツを政治だの国際関係だの韓国人の優秀さに結びつけてきた韓国世論の期待に対して、どんな大きなプレッシャーがあっただろうと、一般人の自分からは想像もできない。

 羽生選手のファンになってから、キムヨナ選手の当時のプレッシャーの大きさをオーサーコーチが話している記事を見て、やはり相当苦しかったのだなと心が痛んだ。

 そのプレッシャーを受け入れ、自分の演技をしたキム・ヨナ選手。

 自分も非常に忙しくストレスの多い仕事をしているため、ホントに尊敬できます。

 真央ちゃんを応援しているけど、負けてなお学びたい選手、というところでしょうか。

 私はこういう負けず嫌いでガツガツでしていてストイックな選手が大好き☆

 真央ちゃん(隠れ負けず嫌い)、キム・ヨナ選手、羽生選手、本田△選手、内村選手、長友選手、澤選手、メッシ、ラーム、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ、監督ではグアルディオラ

 真央ちゃんや羽生選手は負けた相手から貪欲に技術を、ノウハウを吸収している。

 本当にフィギュアスケートを好きなら、スポーツが好きならファン同士で「陰謀が~」とか「点数漠上げ!」とかならないんじゃない?

 今度のソチオリンピックでは、外国も含め、多くの第一線で活躍してきたスケーターが引退してしまう。

 ぜひ、花道を飾るべく、出場者全員の神演技を祈りたいわ。

 その方が見ていて楽しいし!

 だって、トリノOPの録画見たら、荒川さんが金取ったのは良かったけど、ノーミス演技が少なくて、見ていても面白くない…┐(´-`)┌ (スカプロというのもありますが)

キム・ヨナ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

スポンサーリンク