PR

東京五輪色々。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽生君の雪肌精みやびはまだ聞けていません~東京オリンピックを見るのに大忙しでしてw
FIREしてからこういった大きなスポーツイベントの試合を真昼間から見られることに感謝します~ww
く~ッこの環境が平昌オリンピックの時に欲しかったッッ!
今日も今日とて今夜は女子サッカー予選最終戦と女子体操団体決勝のはしごですわ。
女子体操団体は日本はメダル圏内ではないでしょうが、絶対女王アメリカの三連覇なるか??それとも連続銀メダルだったロシアが金メダルになるか??を注目しております。NBCの煽りも含めてww(どうやら予選ではアメリカはバイルズと他の選手の調子があまり良くなかったらしく2位に。NBC含めマスコミの煽りが酷いせいではないかとの声が多い。。。)
そういえばジョニタラとアダム・リッポンはどこで出てくるのでしょうか。。。NBCは放映権の規制が厳格だからツイッターの動画すら見ることができないんだよね、残念汗。
そういえば東京オリンピックは日本選手団が絶好調ですけど、中国とロシアも好調なんですよね。
それに対して北米がいまいち。。。まあこれから陸上競技が始まるので巻き返すと思いますけど、現時点ではいまいちなんですよね。
これは北京オリンピックもこの傾向があるのでは??という気がしております。(なにせ中国とアメリカ自体がバッチバチですしね)
そして、オリンピック関連で羽生君の名前が登場するのも嬉しい限り。
何故か柔道で出てくること多しww
それだけ柔道は国技で重圧は半端ないでしょうし、それだけ参考になるということですよね。
国技の格闘技・柔道の選手の参考にされるフィギュアスケート選手って凄いですわwww


大野の五輪連覇、道しるべになった井上康生の言葉「異常になれ」
7/27(火) (西日本新聞)
ようやく実感した。「日本代表として闘って9年。やっと時代をつくった、歴史をつくったと言える」。日本男子で4人目の五輪連覇。井上康生監督も果たせなかった偉業に大野は表情を変えなかったが、達成感が言葉から湧き出た。
リオデジャネイロ五輪を圧倒的な内容で制すると、待っていたのは連覇への期待だった。「誰かのまねをできるレベルの話ではない。真っ暗なところで一筋の光を見つけるために歩んだ」。道しるべとなったのは井上監督の言葉。「金メダルを一つ持っているのだから、正々堂々と立ち向かえば良い」と背中を押されたと同時に「異常になれ」と言われた。
 井上監督は2000年シドニー五輪をオール一本で制しながら04年アテネ五輪ではメダルを逃した。冬季五輪を連覇したフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)を引き合いに「自分に酔い、演じきれる超一流の強さがある。不安や恐怖との葛藤があっても妥協や遠慮をせず、ストイックに準備できるかが異常性」と選手たちに求めた。

 「リオの自分を超え、圧倒的な存在から絶対的な存在になる」と大野は得意の大外刈りと内股の打ち込みを多い日は1日千本以上も繰り返す。「延々と練習を続けられる強さが彼の異常さ」と井上監督も舌を巻いた。100キロを超える選手を相手に大外刈りを練習することもあった。
 大外刈りは相手の体勢を崩してから軸足を踏み込んで掛けるのが原則だが、大野は相手が力を入れにくい膝裏に足をねじ入れて一気に刈る形を提唱。天理大の穴井隆将監督に「(講道館の創始者)嘉納(治五郎)先生がびっくりするよ」と驚かれた。決勝では延長でその形から大外刈りを繰り出した。相手を腹ばいにさせてプレシャーをかけ、技ありを奪った支え釣り込み足につなげた。
 「準決勝、決勝と延長が続き、一瞬でやられる恐怖を感じていた」と明かしながら、おくびにも出さなかった精神的な強さ。井上監督に「世界最強の柔道家。一緒に闘えたことが幸せ」と言わしめたことこそ、絶対的な王者の域へと達した証しだった。 (末継智章)
『冬季五輪を連覇したフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)を引き合いに「自分に酔い、演じきれる超一流の強さがある。不安や恐怖との葛藤があっても妥協や遠慮をせず、ストイックに準備できるかが異常性」と選手たちに求めた。』

「異常になれ」

もーーーこれですよね!
さすが国技柔道の重圧を知る井上監督ですよね~アンチには毛嫌いされているこれこそが強さの源だと他のスポーツのトップこそわかっているということですよなあ。
さて、明日は昼間に羽生君の写真集「REGROWTH」を受け取りに行かねばねば。

羽生結弦+α
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
CHIIKOをフォローする
羽生結弦くん応援ブログ 銀色プリズム

コメント

  1. たろう より:

    夏のオリンピックなのにたくさんの選手が羽生くんの名前を挙げてくれて嬉しいですね(* >ω<)
    某LGBTの炎上の件でも思ったのですが(私もこれ以上は引っ張る気はないですが今後彼の演技や衣装を見るたびそういう思いがあるんだなと頭をよぎるのは回避出来ないと思います…)何事にもボーダーを引かないでお互いを尊重する、そしてお互いの個性から良いところを参考にするって姿勢が大事なんだろうなと思います。それこそ今回の開会式のテーマ多様性と調和が大事ですよね、被災地出身の私としては復興五輪はどこ行ったって感じですがw
    夏季オリンピック選手やコーチは羽生くんのスポーツ選手としての姿勢考え方に共感するのよく分かります。ジャンルが全然違う仕事をしてる私でも羽生くんの一生懸命で相手をリスペクトする姿勢そして向上心にとても刺激を受けています。

  2. ひろ より:

    こんにちは! ちいこさん!
    開会式前は色々ありましたが(電通いらない!)やっぱりオリンピックはワクワクしますね。
    柔道、体操、卓球、ソフトボールと見どころ満載です。日本人選手が活躍する姿は良いもんですね。
    そんな中、柔道関係者から羽生君の話題がでてくるのは嬉しいですね。彼らは見た目でなく、アスリートの本質で羽生君を評価しているのでしょう!
    また羽生君は元々メンタル強い訳ではなく、自分の弱さを認めてコントロールしている所も共感を呼ぶのでしょうね😊
    今日も柔道、体操、競泳、卓球と応援するぞ〜。

  3. ちいこ より:

    たろうさんコメントをありがとうございます~。
    個人的には某LGBTQの件はニュースサイトの論評を見ると結構厳しそうな印象ですわ。。。国内の感覚で見たら手打ちになった感があると思いますけどそうはいかなさそう。
    これからプログラム発表や秋には試合が始まると思いますが、まずプログラムからして水面下では相当厳しい目で見られると思います。
    羽生君のあの何事にも諦めない姿勢、ここぞで発揮する力は競技が異なる選手にも参考にされるのってわかりますよね。
    まさにインスパイアする存在ですね!

  4. ちいこ より:

    ひろさんコメントをありがとうございます~。
    羽生君はフィギュアスケート選手でありながら格闘技の選手達から多く注目されているのが興味深いですよね。
    国中からの強烈なプレッシャー、勝って当たり前とはどういうことなのか一番わかるのが国技・柔道の選手なのかも。
    私も今日は夜から柔道、女子体操総合を見ます~やっぱりオリンピックは楽しい!

スポンサーリンク